さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信や情報、メンタル/不思議系など。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

【実践】明晰夢を見るための4つのコツと見すぎてしまう時の対処

f:id:sanrisesansan:20200705215913p:plain

この記事を知れること

明晰夢をみることができる4つのコツ(個人差あり)

・頻繁に見すぎてしまう時の対処

今回は、明晰夢を見る方法と頻繁にみすぎてしまう時の対処方法を実践した感想も含めてみていきたいと思います。

個人差はありますが僕自身は、この方法で結構な頻度で明晰夢を見ることができました。

 


スポンサードリンク
 

明晰夢を見る方法(4つのコツ)

1.夢日記をつける

2.寝る時は意識的に脳のおしゃべりや思考を止める

3.二度寝する

4.レム睡眠時のタイミングで目覚めるように調整する

以上が、実際に試した方法です。

これ以外にも明晰夢を見られるようになる方法はいくつもあります。

しかし今回は僕が実際に試した内容に絞ってみました。

夢日記をつける

・夢を見た直後に、その内容を覚えてるかぎりメモ(ノート)に書く。

・書いた内容を何回も思い出す。

 具体的には、この2つの方法です。

これは夢を思い出し、文字に書くことで「夢を自分の記憶の中にインプットしていく」作業をすることになります。

より鮮明に思い出せるようになれば、明晰夢も見やすくなると言われています。

明晰夢を見る方法として、1番メジャーな方法でもあります。

夢を見た直後に、その内容を覚えてるかぎりメモ(ノート)に書く。

スマホのメモでも良いですが、出来ればペンで文字にして書きます。

書くことで潜在的に出来事をインプットできるからです。

夢の内容を思い出すことが目的なので、好きなように書いて行きます。

書いた内容を何回も思い出す。

夢日記をつけたら、書いた内容を何回も思い出します。

初めは鮮明に覚えていても学校や仕事に向かう準備をしてる間に大体のことは忘れます。

なので、意識して思い出す事を心がけます。

そのうち、より鮮明に思い出してくるようになります。

試した感想

たしかに効果はあると個人的には感じます。初めは、夢を思い出すことがあまりできなかったのですが、やっていくうちにうまくなりました。そして夢に気づく回数がふえました。

寝る時は意識的に脳のおしゃべりや思考を止める

・無心になって寝る

簡単にいえばこれをします。

無心になるって、表現が難しいんですが、、僕の場合は「考え事をしない環境に身を置いて寝る」ことをしました。 

主に好きな音楽をかけて、何も考えない状態になって眠りにつくことをしていましたね。ようするにリラックスして寝るってこと。

「明日仕事だぁ」とか「今日は〇〇だったなぁ」とか考えないで無心になって寝ましょう。

多分これが脳内のおしゃべりです。笑

試した感想

直接的に明晰夢が見やすくなったわけではないですが、リラックスして寝ると目覚めが良いと感じました。効果的には関係ないのかも。

二度寝する

二度寝をすることで、明晰夢を見る確率を上げることが出来ます。(多分。)

明晰夢って体感的に「起きようと思えば起きれる」くらいの浅い夢の時が多い気がします。

なので昼寝しているや仮眠している時にも明晰夢みれることがあります。

試した感想

二度寝は当時、結構な頻度で明晰夢を見ていました。積極的に二度寝できるように目覚ましを早くかけてたりしてましたね。効果はあったと思います。

レム睡眠時のタイミングで目覚めるように調整する

睡眠って、90分毎の周期でレム睡眠とノンレム睡眠を交互に繰り返しています。

一般的にレム睡眠の時に夢を見るので、寝始めて「6時間→7時間半→9時間」などの時間帯に起きれば「夢を見ている直後」に目がさめます。

なぜこのタイミングで起きるのかは、「夢を覚えている確率が高いから」です。

試した感想

実際は、毎回夢見てる時に毎回起きることはありませんでした。多分体調とか、いろいろな要素ありますからね。しかし効果がないっていわれればそんなこともなく、夢で目が覚める頻度は上がった気もします。

明晰夢に入るタイミングは2つ

明晰夢は「気付たもん勝ち」です。ということで「気づくタイミング」も説明して行きます。

・夢の途中で気付く

・気づきながら夢に入っていく

明晰夢だと気づくパターンは個人的にはこの2つです。それぞれ説明して行きます。

夢の途中で気付く

・普通に寝てる時によく見る

王道パターンです。

寝ていると夢を見て、「あ、これ夢じゃん!」って気付くパターンです。理由は色々あります。

「夜に寝たのに、昼になっている。」

「家の中で寝たのに、なぜか外にいる。」

「学校にいる・公園にいる。」

などなど様々な違和感に気づいた瞬間に「ハッ!」と気付くことが多いです。

気づきながら夢に入っていく

二度寝などの時によくみる

レアなケース。

寝てたら意識あるうちにそのまま夢にたどり着くパターンです。

この場合、最初から夢だと気づいています。(不思議と違和感もない)

こっちは普通に寝てると滅多に体験しませんが、二度寝してるとよく見ました。

すでに夢だとわかっているのでより自由度高い(行動とか)反面、慣れていないとすぐに起きてしまいます。(僕の場合)

【自己流】頻繁に見すぎてしまう時の対処

僕じしん、明晰夢見すぎて、実生活で少し影響でちゃったので下記の方法をしてみました。

夢日記をつけるのをやめる

・ついでに思い出すのもやめる

・抜けやすい場合は頻繁に目を覚ます

結果、明晰夢をみる頻度が個人的に減りました。(現在では月2〜3回程度)

意図的に明晰夢を見すぎて生活などに影響が出ちゃう場合は、上記のことを試すと効果的かもしれません。

一番効果があったのは、「夢日記をつけるのをやめる」だと思います。思い出す習慣がなくなると夢に気づく頻度が下がって明晰夢に発展しません。

また、「気づきながら夢に入っていく」パターンが頻発する時はその前に起きちゃうのも効果的でした。

さいごに:慣れていくと楽しいけど、はじめはすぐに起きちゃう(と思う)

「慣れるとなんでもできて楽しいけど、すぐに起きちゃうからもどかしい!」

こんなのが、「明晰夢」です。(多分。)個人差あるので、いろんなパターンありますからね、きっと。

でも気づくことに慣れるとできること広がるのは共通なのかな?どうなんでしょうか。

ぜひ、明晰夢を見れる方法の一つとして参考にしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

明晰夢でできることや、鮮明にみる訓練した内容はこちらで紹介しています!  

関連記事

www.sunrise033.com

この記事が良いと思ったら、ポチっ!してくれると嬉しいです!

 ブログ村ランキング」参加中!

PVアクセスランキング にほんブログ村