さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信や情報、メンタル/不思議系など。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

折り畳めるアウトドアチェアをレビュー、耐荷重100kg以上で軽量!

f:id:sanrisesansan:20200519194614p:plain

外出や自宅で活躍する持ち運びやすく軽量で比較的安いアウトドアチェアを購入しました。

今回は、組み立て方と特徴、使って分かった良い点・悪い点をレビューしていきたいと思います。

 


スポンサードリンク
 

商品詳細

品名:アウトドアチェ

価格:2980円(最安値)

カラー:青・黒・グリーン・赤の4色

素材

座椅子部分:600Dポリエステル(キャンバス地)

骨組み部分:6061アルミ合金(強度・耐食性が高い)

耐荷重:150kg

サイズ

組み立て後:縦60.5cm×横56cm×高さ(座高)約38cm

収納時:幅約35cm×縦11.5cm×奥行き10.5cm

重量:約900g

結論から言うと手頃な価格でアウトドアチェアを探している方や持ち運びやすさを重視してる方には良いかなと思います。

より快適さを求める場合は満足いかないかもなので他の商品を探してみてください。(座り心地は可もなく不可もなくといった印象です。)

値段も約3000円とお手頃ながらも対荷重は150gと大柄な方も安心して座れるのに魅力を感じて購入しました。

あとは持ち運びを想定してなるべく軽くコンパクトに収納できるのもグット。

配送は3日で届いきました。

f:id:sanrisesansan:20200513051515j:plain

中身は「座椅子部分のキャンバス生地」と「骨組み」のみで、

f:id:sanrisesansan:20200513051801j:plain
説明書は入っていませんでした。

一瞬入れ忘れかなと思いましたが、メールを確認すると領収書はネットで発行してくれるそうです。

ポイント

この商品には30日間の返品・交換保証が付いています。

機能性と特徴

それぞれの機能や特徴を見ていきます。

持ち運びに適したサイズ

f:id:sanrisesansan:20200513051840j:plain

持ち運びできるチェアーなので、コンパクトにしたいところですよね。

専用ケースに収納時は「幅約35cm×縦11.5cm×奥行き10.5cm」となり意外とコンパクトになります。

比較すると大きさはこんな感じです。

f:id:sanrisesansan:20200513051526j:plain

横幅はMacBook Proを少し大きくした感じでしょうか。

重さも900gと軽量で持ち運びには最適です。

簡単に組み立てられる

f:id:sanrisesansan:20200513063140j:plain
折りたたみ式だと組み立てに時間がかかったり複雑な感じがしますが実際してみましたがかなり簡単です。

と言うのも骨組み同士がゴムケーブルで繋がっていまして、伸縮性のおかげで手動で行っているのに自動でやっているみたいに迷うことなく組みたてることができます。

組み立て方法

ケースから出して、固定テープを外す

骨組みは中央に折り畳まれているので一本ずつ伸ばしていき、ケーブルに沿って組み立てる

骨組みが完成したら下の骨組みから、収納ケースを取り付ける

キャンバス生地(椅子部分)をつけて完成

 

完成したのがこちらです。

f:id:sanrisesansan:20200514154452j:plain



からしっかりと横にポケットが付いています。

f:id:sanrisesansan:20200514154505j:plain
後ろから見るとメッシュ部分が良くわかります。

f:id:sanrisesansan:20200514154521j:plain
時間を組み立て時間を測ってみましたが約2分で組み立て完成しました。収納する時はこれの逆をすれば良いだけです。

ポイント

収納時は骨組みが中央に収まるように内側に折り曲げていくとスムーズに畳めます。

 耐荷重は150kgと大柄の人には嬉しい!

アウトドアチェアにはいろんな種類がありまして、安価なものは調べていくと耐荷重80kgくらいの商品が多かったんです。しかしこの商品は比較的安価なのに耐荷重が150kgありますので大柄な人に安心して座れます。

両側に収納スペースあり

f:id:sanrisesansan:20200514160254j:plain

このアウトドアチェアには両側面に各1つずつポケットが付いています。大きさはハンカチなどは問題なく入るくらいですが深さはそんなにないです。

外で使う時はハンカチやウェットテイッシュなどを入れるのにも最適ですね。

次に使いごこちを「よかった点」、「悪かった点」に分けてレビューしていきます。

使ってみて良かった点

・地面に付いている感覚はなく尾骶骨が痛くなりにくい

・背もたれが短くても気にならない

・ポケットが付いていてものが収納できる

・収納しやすくとても軽量

・組み立てが簡単で、部品を無くす心配がない

それぞれ見ていきます。

 地面に付いている感覚はなく尾骶骨が痛くなりにくい

今まで座椅子に座っていたのですがクッションを敷いても体重がある程度あるとどうしても尾骶骨が当たり痛くなっていました。

ですがこのアウトドアチェアは尾骶骨に当たる部分がないので痛くならずに快適に座れます。

背もたれが短くても気にならない

見ての通りにこのチェアは背もたれが長くありませんので座った時に寄り掛かれるか心配になります。

しかし座ってみると座った重みで中身が沈み包み込まれる感じになるので実際は肩くらいまで背もたれがある状態になります。

また側面が少し広がっているので軽い肘掛けになり座っていてラクです。

ポケットが付いていてものが収納できる

側面に2つポケットが付いており、飲み物やハンカチなどの小物が収納できるのはメリットです。

実際どのくらいのものを収納できるのかを調べてみました。

f:id:sanrisesansan:20200513051536j:plain
左から500ml入る水筒、500mlペットボトル、350ml入る水筒をそれぞれ収納ポケットに入れてみます。

まずは350ml入る水筒です。

f:id:sanrisesansan:20200513051544j:plain

しっかりと入って落ちる心配はなさそうです。続いて500mlペットボトルはどうでしょうか?

f:id:sanrisesansan:20200513051553j:plain

これもしっかり入っています。あとで分かったんですが、座っている方が長いモノを入れても安定していることがわかりました。

最後は500ml入る水筒ですが、こちらは製品の使用上、少し長めに作られています。

f:id:sanrisesansan:20200513051557j:plain

角度によっては落ちなかったのですがあまり安定しませんでした。

収納しやすく、とても軽量

収納性が高いのは持ち運ぶの際に大きなメリットになります。収納時は横幅35cmとかなりコンパクトなので、少し大きめのバックにも入れることができます。

f:id:sanrisesansan:20200513051609j:plain

画像は容量35Lのリュックですが、すっぽりと入りました。

f:id:sanrisesansan:20200513051606j:plain

あと軽さも900kgとかなり軽量なのでリュックに背負っていてもノートPC入れている感じで持ち運びできます。

使ってみて 悪かった点

・座り心地はイマイチ(個人差あり)

・肘掛けがないのでゆったりできない

・はじめは素材が硬いので窮屈に感じる

・横にグラつくので安定性は普通

・説明書がない

こちらもそれぞれ見ていきます。

座り心地はそこまで良くない(個人差あり)

座り心地は正直いうとそこまで良いとは言えません。座椅子部分の素材がキャンバス生地に加えて通気性を良くするためなのか側面がメッシュになっています。

座るとちょうどメッシュ部分にお尻が当たるので長時間座っているとすこし痛くなってきます。

他のアウトドアチェアを使ったことがないのですがこんなもんなんですかね。

肘掛けがないのでゆったりできない

肘掛けがない前提の商品なのであれですが、やはり肘掛けがないとゆったりできない人もいるのではないでしょうか。

あるとないでは全然違いますしドリンクホルダーが付いているものもあるので快適ですよね。

はじめは素材が硬いので窮屈に感じる

最初は座椅子の素材が小さく設定させているので、結構生地が硬く感じます。

座る面は窮屈に感じませんがハンモック構造で中心に重心がむかうのに対してフレーム部分に制限があるので、体が大きい人は窮屈に感じてしまうかもしれせん。

横に少しグラつくので安定性は普通

安定性に関しては室内で使う分にはそんな気になりませんが横に体重かけると軽くグラつきます。なので屋外で使うとどうなんでしょうか。

説明書がない

これはデメリットなのかわかりませんが商品が届いて開封してみると、品物だけしか入っておらず説明書も同封されていませんでした。

説明書がなくても簡単に組み立てられるので問題はなかったですが、家具や用具には説明書が付いているものだと思ったので少しびっくりしました。笑

耐荷重100kg以上でお手頃価格のものを探してるなら良いかも

実際に使ってみましたが、価格に見合った性能かなと感じました。耐荷量100kg以上の商品でも比較的安めなので大柄な人でお手頃に購入したい人には良いかなと感じています。

持ち運びも容易なので外で活動する人にもおすすめです。

しかし、素材的にそこまで座り心地は期待できないので座り心地や安定性を求めるなら他の商品を探すものありです。

まとめ

まとめますと、

・約3000円と安くコンパクトにたためて約900gと軽量

・耐荷重150kgと大柄の人でも安心して使用できる

・組み立てが非常に簡単で収納スペースもある

・メリットは尾骶骨が痛くならないし、比較的やすい

・デメリットは座り心地がそこまで良くない

・結論、耐荷量が高くお手頃価格のものを探してるならあり

低価格な商品の分、それなりのデメリットもあるかなと感じました。

とにかく手頃な価格で体重を気にしなく使え、リュックに入れて持ち運びしたい方には良いですが、座り心地を優先するならもう少し他を探してみても良さそうです。

まだ購入したばかりなので耐久性についても検証していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が良いと思ったらポチッ!をしていだだけると嬉しいです!



ブログランキング・にほんブログ村へ