さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信や情報、メンタル/不思議系など。

20190905040954

【旅行ごはん】 出雲の夜ごはんは ここで決まり! いろんな郷土料理を 食べられるお店に行ってきた!

 

f:id:sanrisesansan:20191019165200j:plain

 
こんにちは、ブログ管理人さんらいずです。
 
島根県にある出雲大社にずっと行きたくて念願叶って行くことができました。
 
島根県初めて行きましたが、ご飯が美味しいなと実感しました。
 
さて、このように旅行の時に欠かせないのが郷土料理ですよね。
 
色々と調べても楽しいのですが、いっぱいお店があるとどこが良いのかわからなくなってしまうこともあるのでは無いでしょうか。
 
今回は実際に旅行で行ったお店、居酒屋さん「とらこ」を紹介します。
 
実際を食べた料理の感想をまとめているので、お店選びの参考の一つになります。
 
出雲大社に参拝した後にゆっくりとおいしい名産をいただきましょう。 
 

出雲市駅は観光拠点

 

f:id:sanrisesansan:20191019165446j:plain

 
出雲大社が有名な島根県ですが、この時に大半の人が「出雲市駅」を拠点とします。
 
というのも、出雲市駅は山陰地方の島根県出雲市にあるJR西日本山陰本線の駅であり、寝台列車の「サンライズ瀬戸、出雲」も停車します。
 
要するに新幹線や寝台列車を利用すると大半はこの駅を経由するんですね。
 
 その上、ビジネスホテルやコンビニ、スーパー、料理屋も多いのでここが宿泊拠点となるということです。
 
この他にも、色々と旅行については述べて行きたいのて別記事で書きたいと思います。
 を 

駅周辺を散策して食べ物屋さんを探す

f:id:sanrisesansan:20191019171801j:plain

 

せっかく旅行に来たのだから、その土地の名産を食べたい!
 
ということで、色々と観光を終え、チェックインを済ませた後に雲市駅周辺で食事処を探しました。
 
出雲はしじみのどぐろ野焼き出雲そばなどが有名なので、それらを食べられるお店を色々しらべて行きます。
 
そして色々と歩いて、泊まっていたツインリーブスホテル(日本旅行)から近いところにある「とらこ」というお店を発見しました。
 

f:id:sanrisesansan:20191019130738j:plain

 
このお店は駅から歩いて5分のところにあります。
 
沖縄料理をメインとした創作料理の居酒屋さんということで、ここにしました。
 
営業時間も午前0時までやっているので遅めの入店でも大丈夫です。
 
お店詳細
・営業時間 17:00~24:00 (日曜営業)
・定休日 不定
・予算 下記のメニューで5000円以下(2人で来店)
・火曜日はドリンクが安い!
*実際に使った金額を参照
 
それでは早速レビューにいきましょう。
 

名物料理を堪能!出雲の新名物のそば焼きも美味しい

f:id:sanrisesansan:20191019173725j:plain

 
入ったお店は居酒屋だったのですが、お酒はあまり飲みません。
 
なので居酒屋も食堂化させてしまうこともよくあります。
 
ですが今回は旅行ということで、1杯ずつ飲むことにしました。
 
ということで、食べたラインナップを見ていきます。
 
・赤てん
・大社てん
・のどぐろ刺し
・そば焼き
・ホルモン炒め
*2人で注文した内容
 
お通しは3種類でできました。
 

f:id:sanrisesansan:20191019130958j:plain

 
 
甘めの味付けの煮物がこの土地の独特な味わい。
 
お通しは、そのお店の印象を決めると個人的に思っています。
 
今回は手間をかけている優しい味付けでとても美味しかったです。
 

赤てん

f:id:sanrisesansan:20191019131516j:plain

 
島根県でよく食べられている揚げかまぼこです。
 
ピリ辛の味付けで揚げてあると言っても軽めにサクサクいけます。
 
見た目はハムカツのようですが、中身はしっかりとかまぼこです。
 
しかし、天ぷら特有の脂っこさはなく、さっぱりしています。
 

山陰の方では天ぷらは甘く、もさもさしていまないらしい。

そうなんですね、知りませんでした。

 

大社の厚天ぷら

 

f:id:sanrisesansan:20191019131439j:plain

 
見た目はさつま揚げのようですが、全体的に色合いが薄い感じです。
 
食感は、プリプリしていてたまねぎも良い感じの歯応えです。
 
単体でもしっかりと味がついていて美味しいですが、付いているからしがよく合う一品でした!
 

のどぐろ刺し

 

f:id:sanrisesansan:20191019131751j:plain

 
のどぐろは、白身魚で高級魚の一種です。
 
のどくろというのは主に日本海側の呼び名で、東京などではあかむつと呼ばれているそうです。
 
出雲市駅を散策していて、色々な料理屋さんにのどくろ料理を推していました。
 
下の海ぶどうもついていて、値段も500円代で食べられてお得感満載。
 
「おすすめメニュー」に載っていたので、常時あるメニューでは無いかもしれません。
 
ちなみに「のどくろの干物」は通常メニューにありましたので行ったら食べられますよ。
 
 

出雲そば

 

f:id:sanrisesansan:20191019132147j:plain

 
名物の出雲そばです。
これを来た時から食べたくて、ずっと探していました!
 
4つの器が重なってて、それぞれお蕎麦が入っています。
 
*写真は2つですが、もう1つ蕎麦が盛ってある器があります。
 
これに薬味と蕎麦つゆを入れていただきました。(食べ方これであっているのかはわかりません、、。)
 
蕎麦つゆをの味は甘味のない薄味でさっぱりとしていて、そば独自の美味しさを引き立てます。
 
さらに3つに蕎麦が分かれているので(4つあるうちの1つは薬味)、それぞれで味の変化を楽しむことができます。
 

そば焼き

 

f:id:sanrisesansan:20191019132303j:plain

 
島根県の新名物として出雲そば焼きができたそうなのですが、こちらのお店でもこのメニューを食べることができました。
 
蕎麦つゆを使っているそうですが味付けは中華炒めに近く、食欲をそそる1品でした。
 
具は白髪ねぎ、まいたけとそして島根県名物の野焼きが入っています。
 
名物がここにも入っていたのでテンションが上がってしまいました。
 
これに下記で述べている、醤油をほんの少し加えると、さらに味も濃くなって個人的にはとても美味しい!
 
さしみ醤油か甘さに加えてコクもあるので、何にかけても美味しいと思っています。
 
 

塩ホルモン炒め

 
写真を撮り忘れてしまいました。。
 
なので、説明だけです。(すみません、、。)
 
塩味でホルモンともやしなどの野菜で炒めてある料理です。
 
もやしがシャキシャキで味付けも塩加減が丁度良いご飯と会う一品!
 
あと量がとても多く、これだけでご飯2杯は行けるくらいの大盛りでした。(実際にごはんを追加注文していまいました!)
 
写真が撮れていなくて伝わらないのが申し訳ないのです、、。
 

感動するほどにさしみ醤油が美味しかった 

f:id:sanrisesansan:20191019170446j:plain

 
のどぐろ刺しを頂いているとき、醤油を小皿に入れました。
 
ふと気づいたことがあったのです。
 
それは、醤油がとろとろしてる?!
なんかのたれ?みたいな感じでとろとろ、、。
 
普通の醤油じゃない?と思って舐めてみました。
 
すると、濃厚で甘い!
そして、とても美味しい! 
 
この醤油に心を奪われてしまいました。
 
店主さんに聞いてみたところ、
 
「島根や山陰方面では九州の味付けの影響で醤油は甘いんです。煮物とかもこの醤油で煮込むので甘味が多い。」
 
とのことでした。
 
この醤油をさしみ醤油、たまり醤油などというそうです。
 
一般的な刺身醤油は刺身などでよく使われているものですが、九州や山陰では、味や甘味が濃厚な上、刺身以外でも多くの料理に使われるようです。
 
地方によってはさしみ醤油を「さいしこみ」という意味で使うこともあるらしいです。
 
個人的にとても気に入ってしまったので、自分用にお土産コーナーで買っていってしまいました。
 

 

まとめ 

 
いかがでしたか?
 
山陰の美味しい食事ができる居酒屋「とらこ」を食レポを絡めて紹介させていただました。
 
それぞれとても美味しい料理でしたが、中でもそば焼きが斬新で気に入りました。
 
あとは、醤油の違いが思わず購入して思うくらいに本当に衝撃的でした。
 
どれも美味しかったので、また行った際には立ち寄りたいと思います。
 
 
出張や観光で訪れた際にはチェックしてみて下さい。
 
今回は以上です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
 
<お店情報>
 
 

 
 

この記事が良いと思ったら、応援のポチッ!をしていだだけると励みになります!

↓ 

↓ 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村