さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信や情報、メンタル/不思議系など。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

仕事探しに迷ったら妥協するのが大事な理由!人生を自分軸で生きる

f:id:sanrisesansan:20200305223054p:plain

仕事で迷ったらどうするのか、そんな問いのヒントはハローワークに行った時に出会いました。
 

どうも、さんらいずです。

 

その時の担当の方の話が耳に残ったのです。
 
それは「仕事探しは妥協していくもの」という考えでした。
 
この考え方、しっかりと取り入れて実行している方々も多いんですが、そうではない人もいるんじゃないかと。
 
今回はこの仕事探しで迷った時に、妥協することで自分なりに考えて実行してみた時にわかったことを伝えていきたいと思います!
 
仕事探しで迷っている人がいれば何かの参考になれば幸いです。
 
 

仕事探しに迷ったら、妥協論

f:id:sanrisesansan:20200305223052p:plain

就職エージェントなどにいくとよく聞くのかもしれませんが、例えば、
 
好きな仕事で
 
職場環境もよくて
 
給料も高くて
 
福利厚生もよくて
 
人間関係もなくて
 
という具合に就職出来るのが一番の理想ですよね。
 
これらの理想通りな職場で仕事をすると、経済的にも安定して社会的な経験も得られて、ストレスもポジティブ思考で転換出来てそれを活かせる環境で、、という具合に楽しい社会人になれそうな気がしてきます。
 
しかしよく言われる(というか言われた)のが、現実的に何かを妥協しなきゃということ。
 
ではなぜ妥協が必要なのでしょうか?
 

そもそも、自分に好都合の職場なんてあまりない

f:id:sanrisesansan:20200305203721p:plain

その理由としてはそんな好都合の職場なんてあまりないし、キャリアが少ないことや、年齢がある程度いくと選択肢も狭まるので、何かしらに妥協して考えないといけないのです。
 
これは個人差あると思いますが、ノーキャリアで資格もなく、年齢も30代に入ってる私の現実はこんなもの。
 
要するに、「そんな好都合の職場なんて少ないし、未経験でキャリアもなければ雇ってくれませんよ。」ということです。
 
その妥協論もなかなか面白くてですね、言い換えれば希望条件を下げること。
 
就職には自分の希望条件が出てくるわけです。
 
希望条件は、
 
・自分のしたいことをする
 
・高収入、ボーナスが良い
 
・自分のしたくないことを優先して選ばない
 
・将来につながる経験
 
・キャリアアップして立場的に良くなる
 
・自分の時間を優先にする(残業のない会社)
 
など色々あるわけですね。
 
妥協論はその希望条件を下げるので、検索の絞り込みを減らすこと。
 
逆にいうと、視野を広げていくことにもなります。
 
そうやって決める方法は特に35歳以上の再就職で有効と言われているようで、異職業に転職する場合は、即戦力になる以外だと中々、希望を全部満たした内容にありつくのは難しいのが現状のようです。
 
20代の就職
30代の就職
40代以降の就職
未経験、職歴なしでも比較的見つかりやすく、フリーター向けや20代の転職に特化した転職サイトもある。
妥協論で希望絞っていくことで、就職が見つかりやすくなる。35歳を超えると募集自体が少なくなる。
未経験、異職業への転職は厳しいのが現状。妥協論などを使って探すことと、経験を生かした仕事探しが基本。
 
実際に数年前に経験しましたが、妥協論というか、条件を減らしても書類選考時点で150社以上に落とされましたからね。
  

必要なのは、「何を捨てないか」ということ!

f:id:sanrisesansan:20200312171538p:plain



 
妥協論で大切なことは条件に見合った就職が見当たらない時は、捨てるものを選ぶということです。
 
そして捨てないものにこだわって就職活動していこうということです。
 
これは色んなケースや環境があるので断定はできませんが、希望条件を減らすことで、最後に残るのは自分の本当に仕事で求めてることだったりします。
 
この視点で就職先を考えれば良いのですが、就職エージェントで必要以上に色んなことを言われて混乱してしまったり、就活が長引いて焦ってしまうとこの心がブレます。
 
そうなると自分では気づかないところで、希望条件で残っているものではない条件でも心が揺れてしまい、選択してしまいます。
 
私は以前の就職で「経済的な安定と社会人としての経験」を優先させた結果、心を病んでしまい、ストレスで退職しました。
 
この経験で希望条件が自分の求めているものではなかったんだと気づいたんです。
 
そしてしばらく退職して再就職に距離を置いて考えていたら、私が欲してたのは「したいことをする」ことと「したくないことはしない」だったと気づきました。
 
こちらに就職に失敗したことについて書いてある記事がありますのでよかったら見てみてください。
 

自分軸で就職も人生も考えて良いんだよ

f:id:sanrisesansan:20200305203725p:plain

 
もし、いま自分が当時の自分に言えることがあるとするなら、「仕事に合わせて希望条件を決めるんじゃなくて自分軸で決めて良いんだよ」ということを声を大にしていってあげたいです。
 
いっぱい考えていろんな道でしたいことを探っていくことで希望条件が明確になるので、とにかく正社員など、長く働く就職先を見つけるなら、これらを自分で整理する時間がとても大切です。
 
やめてからのことが不安ですぐに見つけないといけないと焦っている。
 
大丈夫です。
 
仕事辞めても数ヶ月は失業手当も出ますし、意外となんとかなります!(実際、私は半年以上ニートしてましたけどなんとかなりました!)
 
別にニートになっても良いとか、失業手当があるから良いってことじゃないですよ。笑
 
就職で活動で迷うことがあるなら、焦らずにってことです。
 
働くという膨大な時間、人生を削って仕事をするのですから、やりがいのあるものや将来的にやることの経験に活かせることをして欲しいんです。
 
そのためにいっぱい時間をかけて希望条件を見つけてみても良いと思います。
 

まとめ

f:id:sanrisesansan:20200305203734p:plain

まとめますと、
 
・仕事探しに迷ったら、妥協論を取り入れるのも方法の一つ
 
・理由はそもそも、自分に好都合の職場なんてあまりない
 
・必要なのは、「何を捨てないか」ということ
 
・自分軸で就職も人生も考える
 
 
このようになります。
 
妥協論で、希望条件を下げていくことで、就職に不自由を感じてしまうことも、もしかしたらあるかもしれません。
 
しかし実際には視野を広げることになるので、もし就職や転職で迷ってたりうまくいかない時はやってみてください。
 
でもその前に自分を対話して捨てない条件を整理することがとても大事なのでこれに時間をかけてみてくださいね。
 
自分を見つめる方法としては、こちらを参考にしてみてください!
 
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
 

この記事が良いと思ったら、ポチっ!してくれると励みになります!

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村