さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信や情報、メンタル/不思議系など。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

ダイソーのMFi認証ライトニングケーブル!結論、コスパ良し【500円でMFi認証ケーブル】

 

f:id:sanrisesansan:20200312185147p:plain

 

 

ダイソーのライトニングケーブルってどうなんだろう?できれば安心して使えるのが使いたい!

 
今回はダイソーのmfi認証取得ライトニングケーブルについてレビューしていきたいと思います。
 
結論、ダイソーにはMFi認証取得の商品が売っており、それがとっても使えそうな印象でコスパが良かったです!
 
外出先でライトニングケーブルが必要になった理、なるべく安く購入したいという方はぜひ参考にしうてみてください。
 

 


スポンサードリンク
 

 

ふとした時にダイソーがあると便利!

 
先日、町でiPhoneの充電がないことに気づきました。
 
いつもならアンカー のタフなモバイルバッテリーを持っていってるのですが、こんな時に忘れてきたということに気づきました!
 
なので、100円ショップのダイソーに行って急遽ライトニングケーブルを買いに行きました。
 
ほんと、駅の近くとかによくあるのでこういう時に助かります!
 正直、緊急だったので、クオリティーとかは関係なく探していたのですが、なんとMFi認証取得のケーブルを発見!
 
ダイソーに売ってるんだぁと思い購入してきました。
 

そもそもMFi認証ってなに?

 
MFi認証はアップル社がiPodiPad、Phoneとの互換性を保証ことを示すロゴマークの入った商品です。
 
要するにアップルお墨付きのアクセサリってことですね。
 
iPhoneとかって安い買い物ではないですので、互換性のあるものを使うと少し安心という気持ちになるのは私だけではないはず。笑
 
 

ダイソー500円のMFi認証取得ライトニングケーブル

 
このライトニングケーブルは値段は500円。
 

f:id:sanrisesansan:20200304012634j:plain

 
ダイソーでは高級品になりますが、MFi認証のケーブルということならかなりコスパ良いと思います。
 

f:id:sanrisesansan:20200304012649j:plain

 
アップル純正のライトニングケーブルは1800円しますし、AmazonなどでアンカーのMFi認証ライトニングケーブルを探しても900円〜1000円くらいしますからね。
 
手軽に買えるのもメリットの一つで、現に自分はそれで手に入れましたし。
 
商品在庫は都内某所の駅前のダイソーの中だと結構余ってました。
 
100円ショップに行って500円のものを見ると、なんか高く見えてしまうんですよね。
 

f:id:sanrisesansan:20200312191202p:plain

 
パッケージもしっかりとしていて、しっかりダイソーロゴも入ってます。
 
 

MFi認証は本物なのか?

f:id:sanrisesansan:20200312191803p:plain

MFi認証マークは偽装品もあるようで、アップルの認証を受けていないのにロゴだけつけているようなものもあるようです。
 
これらはMFi認証が確認できるツールがあるので、それで確認します。
 

f:id:sanrisesansan:20200312201009p:plain

 
このように画面に商品番号があればMFi認証されていることになります。
 
気になる方はこちらにリンクを貼っておくのでやってみてくださいね。
 
 

非認証のケーブルを使うリスクは何か?

 
MFi非認証のケーブルを使うとどんなリスクがあるのでしょうか?
 
・デバイスの損傷(iPhoneiPadMacなど)
・ケーブルが認証せずに使用できない
・充電やアップデート時に熱を持って熱くなる
・デバイスとの同期ができない
 
参考元:Apple
 
このようなリスクがあるようです。
 
アップデートしたら使えなくなったり、何回か使ったら充電されなくなったこと過去の使用iPhoneでありました。
 
この時は全くMFi認証とか気にしてなかったので電気屋で安いの買って使ってましたね。
 
純正ケーブル高い印象あったので。笑
 

クオリティはどう?

 
クオリティは普通に高い感じがします。
 
というのも、丈夫ビジュアルも純正に近いですし、リバーシブルになっていますし、ケーブルも純正よりも太くなってます。
さらに高速充電にも対応しており、機種によっては2.4Aも出しているとの数値も出ています。
 
こちらが、参考にさせていただいたブログですので、よろしければ見てみてください。
 
 
 
ちなみに、純正とアンカー のケーブル、ダイソーを比べてみたところ、全然2つに引けを取らないくらいのクオリティで、びっくりしました。
 
 

f:id:sanrisesansan:20200312190758p:plain

 
 
線の太さはアンカー >ダイソー>純正の順番です。アンカー はやはりとても丈夫。
 
 

f:id:sanrisesansan:20200312185151p:plain

 
ヘッド部分はあまり大差ないかなと。アンカー が少しばかり大きいです。
 

コスパめちゃ良いんじゃないの?

 コスパが良いと思う理由は2つ
 
・MFi認証を取得していて値段が安い→500円
 
・100均で買えるお手軽さ
 
 
上記の比較でダイソー以外の2つはどれも2000円近い値段がします。
 
そう考えたらダイソーのこのケーブルはめちゃめちゃお得なんじゃないでしょうか。
 
MFi認証のケーブルが500円ですから!
 
安価なものを使うと非認証も多いので、大切なiPhoneを安心して使う時にはやはりMFi認証のケーブルを使いたいところです。
 
しかもダイソーで売られているのもメリットでして、Amazonなどの通販は配送で時間がかかりますし、電気量販店などは近くになかったりしますからね。
 
ですが、まだ緊急用として数回しか使用していないので、耐久性については今後使用していってから検証していきます。 
 

使用してみた実用性は?

 
個人的な利用方法としては、ライトニングケーブルは今回の含めて3本あるので、ダイソーのは予備というか、リュックに忍ばせるようということで入れておくことにします!
 
自宅での充電は純正で済みますし、外ではモバイルバッテリーと一緒にいるアンカー があるんで。
 
そこまで出番ないかもですが、代用としては申し分ないです。
 

まとめ

f:id:sanrisesansan:20200304012951j:plain
 
まとめますと、
 
・アップル公認のダイソーケーブルでMFi認証は本物
 
・クオリティが高く、ダイソーの100円のとは全然違う
 
・500円するが、コスパ的には申し分な い
 
・忘れた時のために携帯しておくのにはちょうど良いし、MFi認証だから他の安価な商品に比べれば安心
 
 
ダイソーを含めて100円均一のライトニングケーブルということで言えば安心と丈夫さを兼ね備えたコスパの良い商品だと思いました。
 
場所柄、手軽に買えるので緊急で欲しいけど、 MFi認証されているのが欲しいという方にはおすすめの商品ですね。
 
是非、緊急事態でライトニングケーブルを欲しくなったら行ってみてくださいね。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
 
iPhoneなどの充電に欠かせないアンカーのモバイルバッテリーの記事も書いています!
 
check!
 
ライトニングケーブルは別売りなのですが、今回紹介したライトニングケーブルも使える使用です!
 
 
 

この記事が良いと思ったらポチッ!をしていだだけると嬉しいです!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村