さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信や情報、メンタル/不思議系など。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

【Mac】iPhoneからエアドロップで送信した画像をJPGにする方法

f:id:sanrisesansan:20201101200406p:plain

今回は、iPhoneからAirDropMacに移行した画像フォーマット形式を「JPG形式」にする方法を見ていきます。

この記事を読めば、iPhoneで撮った写真をMacに送り、フォーマット形式を変更するのが簡単できます。


スポンサードリンク

iPhoneからAirDropで写真を送るとHEIC形式で送られる

iPhoneからAirDrop機能を使い、Macに送信することがたまにあります。

AirDrop機能とは、Appleバイス間で、Bluetoothを用いて情報を送受信する機能です。

普段は2つのデバイスで同期されているので、iPhoneで撮影した写真はMacにも反映されます。

しかし使用中のiPhoneが低電力モードだったり、Wi-Fiに繋がっていない時は(設定でWi-Fiで繋がらないようにしている場合)、同期されないこともあります。

そんな時にAirDrop機能を使います。

この時、iPhoneからMacに送信された写真や画像は「HEIC」というフォーマット形式で送信されるんですね。

なんでHEIC形式を変えるの?

で、このHEIC形式のままではダメなのか。

普通に閲覧する分にはなんの問題もないんです。

が、はてなブログの記事に画像を貼り付ける時にHEIC形式だと「はてなフォトライフ」にアップロードされないんです。

JPEG(JPG)・PNG・GIFのいすれかの形式がアップロード可能です。

フォーマット形式を変更する必要があるんですが、使っている画像圧縮ツール(フォーマット形式も変更できる)では、HEIC形式は対応しておらず、エラーになってしまう。

f:id:sanrisesansan:20201101193957j:plainf:id:sanrisesansan:20201101193959j:plain

ということで、Macの操作フォーマット形式をJPG形式に変更することにしました。

HEIC形式をJPEG(JPG)にする方法

MacからHEIC形式をJPEG(JPG)にするためには「プレビュー」アプリを使います。操作としてはとても簡単です。

f:id:sanrisesansan:20201101193753j:plain:w330

①プレビューアプリを開きます。

②画面上にあるファイルから「書き出す」を選択します。

f:id:sanrisesansan:20201101194130j:plain:w330

③書き出し表示が出るので「フォーマット」からJPGを選択して保存します。

f:id:sanrisesansan:20201101194159g:plain

これで完了です。

<参考サイト>
→Tomo.Log

まとめ

iPhoneからAirDropで写した時にHEIC形式からJPEG(JPG)形式に変更する方法でした。

Macの操作で簡単にできますので、参考にしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

合わせて読みたい

www.sunrise033.com


この記事が良いと思ったら、ポチっ!してくれると嬉しいです!

 ブログ村ランキング」参加中!

PVアクセスランキング にほんブログ村