さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信や情報、メンタル/不思議系など。

20190905040954

【はてなブログ初心者向け】ブログへの自己アクセスを除外する方法

 

f:id:sanrisesansan:20190921160410j:plain

 

 
こんにちは。ブログ管理人さんらいずです。
 
普段、自分のブログをチェックすることってありますよね。
 
変更したCSS設定が反映されているか確認したり、何気なく開いてみたりもすると思います。
そんな時に自分のアクセスが反映されてるか気になることもあると思います。
 
今回はブログへの自己アクセスを除外する方法を紹介します。
 
結果的に、私はこの方法で自己アクセスが除外できました。
 
比較的簡単な方法なので、シェアしていきたいと思います。
 
*今回の方法はPCを使った方法になります。

joko自分のアクセスは反映される?

 

f:id:sanrisesansan:20190921154249j:plain

 
 
私は、はてなブログで記事を書いているのですが、記事のPVを確認していると急に伸びていることが頻繁に起こっていました。
 
ちなみにはてなブログアクセス解析Googleアナリティクスに設定をして使えるようになります。
 
ここの設定で編集画面からのプレビューでアクセスが反映されるのを除外できます。
 
 
いつもはあまり気にしていませんでしたが(しっかり気にしないといけないんですよね、、。)、その時はヘッダーの変更作業をしていました。
 

f:id:sanrisesansan:20190920222415j:plain

緑の場所がヘッダーです。



この時、サイトで仕上がりを確認するために何度も自身のサイトに訪問していました。
 
ここであることが脳裏に浮かびます。
「もしかして、自分のサイトアクセスがPVに反映されているのではないか。」
 
そしてはてなブログの【アクセス解】で確認してみたところ、しっかりと反映されていました。
 
PCで自身のブログを開いた後に【アクセス解析】を確認するとPVが増えていたのです。
 
どうやら通常の自己アクセスは除外されないようです。
 
これでは正確なPVを知ることが出来ないと思いました。
なので早速、解決方法を調べました。
 

除外をする具体的な方法

 

f:id:sanrisesansan:20190921154058p:plain

 
 
色々と方法を調べたら、アクセスはIPアドレスで管理されている事がわかりました。
 
IPアドレスとは簡単に言えばインターネットを使用する時に割り振られる番号のようなものです。
 
これは回線によって割り振られていて、グローバルとプライベートに分かれています。
 
そして具体的な方法は自身の使っているIPアドレスからのサイトへのアクセスを除外すれば良いという事でした。
 
 
この作業はGoogleアナリティクスで行います。
 
手順は下記になります。
手順1.現在のIPアドレスを調べる
手順2.googleアナリティクスで除外設定
 
 
なおIPアドレスは別サイトのツールを使って調べます。
 

使うサイトツール

 
さっそく使うツールを見ていきましょう。
 
今回は2つをご紹介します。
 

CMANインターネットサービス

 
無料でIPアドレスを確認する事が出来ます。
下記からサイトにアクセスできます。
 
確認方法

 

サイトにアクセスして【IPアドレス確認】をクリックします。

f:id:sanrisesansan:20190921003022j:plain

 
ここに表示されている【あなたの利用しているIPアドレス】がIPアドレスです。

f:id:sanrisesansan:20190921003033j:plain

 
この手順で現在使用しているIPアドレスを確認する事が出来ます。
 
このサイトは元々サーバ監視サービスです。それが理由かは渡りませんがとても詳しく詳細が載っています。
 

IPひろば 無料版

 
とても簡単にIPアドレスを確認できるツールです。
 
私はメインで、操作が簡易的なこちらをメインに使用しています。
 
こちらも下記のサイトで確認できます。
 
確認方法
 
サイトを開いて【環境変数チェック】をクリックします。

f:id:sanrisesansan:20190921011735j:plain

 

環境変数を表示】をクリックします。

f:id:sanrisesansan:20190921011738j:plain

 
ここにある【リモートアドレス(IP)の項目】がIPアドレスになります。
 

f:id:sanrisesansan:20190921011752j:plain

 
こちらもこの方法で確認する事が出来ます。
 
 
両方とも基本的に無料なので、どちらも使いやすい方を使えば良いと思います。
 
 

アナリティクスで除外設定をする

 
現在のIPアドレスを確認できたら次にGoogleアナリティクスでの設定です。
 
まずは【Googleアナリティクス】を開きます。
 
*私はよく使用するのでMacでブックマークの【お気に入り】に保存しています。
 
保存方法【Mac
【サファリ】でサイトを開く→ディスプレイ画面の右上の【共有マーク】をクリック→【ブックマークに追加】をクリック→ページの追加先で【お気に入り】を選択して【追加】をクリック
 
 
では手順に戻ります。
 
次に左下の【管理】をクリックします。

f:id:sanrisesansan:20190921013706j:plain

 
左の列にある【全てのフィルター】をクリックします。
 

f:id:sanrisesansan:20190921013744j:plain

 
この時に、何も登録されていない場合は何も表示されません。
 
このまま、【プロパティの追加】をクリックします。
 

f:id:sanrisesansan:20190921015625j:plain

 

「ビューにフィルタを追加」が出てきますので、フィルタ情報に項目を入力していきます。


【フィルタ名】
 
「自己アクセス除外」など、自分でわかるネームをつけます。
 
【フィルタの種類】
 
いつくか項目があるので順番に説明します。
 
・【定義済み】を選択して、フィルタの種類を選択→【削除】を選択します。(画面左)
 
参照元かリンク先を選択→【IPアドレスからトラフィック】を選択(画面中央)
 
・式を選択→【等しい】を選択(画面右)
 
・下の項目に【IPアドレス】が表示されますのでここに上記で調べたIPアドレスを入力。
 
【ビューにフィルタを適用】
 
「使用可能なビュー」にある項目は「すべてのウェブサイトのデータ」になっています。
 
なのでそのまま【追加】をクリックします。
(クリックすると、「選択したビュー」に項目が移ります。)
 
最後に下のある【保存】を押して完了です。
 
この方法で複数のIPアドレスを除外することも出来ます。
 
実際に私は、自宅ではWi-Fiを使用していて、外ではiPhoneのデザリングを利用してます。
 
接続方法はこちらに記事をご覧ください。
最後の【おまけ】項目に説明があります。
 
 
こうなると2つのグローバルIPアドレスを使っていることになるので、それぞれフィルタを作って管理しています。
 
多分、フィルタを1つ作れば、その都度除外するIPアドレスを切り替えれば良いので問題ないですが、わかりやすくするために2つ作っています。
 

IPアドレスを変更する

 
次にIPアドレスを変更する方法を説明します。
 
これはとても簡単です。
 
上記のように、Googleアナリティクスに入り、【管理】→【すべてのフィルタ】をクリック。
 
先程作ったフィルタをクリックします。

 

f:id:sanrisesansan:20190921025236j:plain

 
 
フィルタの編集画面になるので、ここにある【IPアドレス】に現在使用しているIPアドレスを入力して【保存】します。
 
これで現在使っているネットワークのIPアドレスを除外することが出来ます。
 
以上が除外する方法と手順です。
 

まとめ

 

f:id:sanrisesansan:20190921160704j:plain


 
 
いかがでしたか?
 
今回は自身のブログアクセスを除外する方法と変更手順をまとめてみました。
 
手順自体も簡単ですので、はじめたばかりの人でもすぐに設定できると思います。
 
自分以外のブログアクセスがどのくらいか知るのはモチベーションアップにもあると思うので、ぜひ参考にしてみてください。
 
今回は以上です。最後までありがとうございます。