さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信や情報、メンタル/不思議系など。

20190905040954

【二郎系】 二郎系ラーメンの上手な食べ進め方教室!初めてでも安心して食べられます!

f:id:sanrisesansan:20191028182521j:plain

 
こんにちは!ブログ管理人さんらいずです。
 
みなさん、二郎系ラーメンを知っていますか?
豪快な量の野菜と麺、クセになるスープ、迫力の豚チャーシュー。
 
大好きだという人もあまりお気に召さない人もいると思います。
 
今回は、大好きな二郎のうまく食べ進める方法お伝えします。
 
初めて食べる、食べたことないけど気になるという人はぜひ参考にしてみてくださいね。
 
 
 

二郎系の特徴をピックアップ

 
二郎系の特徴をまずおさらいしましょう。
 
・ニンニク、豚、野菜で仕上げた背油たっぷりのスープ
・食べ応えのある極太麺
・ボリューム満点の量
・コールによる無料トッピング
 
基本的にはこんな感じです。
 
直営、インスパイア系共に同じようなイメージですが、メニューはお店によって違い、麺の製法や、スープもお店によって違いがあります。
 
 

訪問したお店紹介

f:id:sanrisesansan:20191028161233j:plain

 
今回は、神田駅徒歩5分のところにある二郎系インスパイアの「ラーメン盛太郎」に行っていました。
 
食券制になっています。
 

f:id:sanrisesansan:20191028162905j:plain

 
なお、味のレビューは下記に書いてあるので、目次をご覧ください。
 
 

 
初めての人はコール(無料トッピング)を注文する時にも緊張するかもしれませんね。
 
二郎系ってなんか常連さんがガツガツと食べているイメージがあるので、知ってて当たり前という空気すら感じられます。
 
二郎の直営店に行ってきた記事はこちらです。
 
 
今回のお店は、初めての人でも比較的入りやすい二郎系インスパイアでして、しっかりとコール内容も壁に大きく書いてあります。
 
さらに食券を買った後に、店員さんがアブラとニンニクの有無を聞いてきてくれます。
 
これで迷うこともありませんね。
 
注文内容
チャーシューW(8枚) 普通 980円
煮卵100円
 
豚がとにかく美味しそうだったので、豚チャーシューダブルを注文しました。
 
生たまごトッピングがなかったので、煮卵をトッピングします。
 
コール内容

 野菜、ニンニク、背脂

麺の量麺との固さは普通でいきました。
 
 

f:id:sanrisesansan:20191028172238j:plain

 
ニンニクと豚の量が凄まじいですね。
 
注文が来たところで早速食べていきましょう。
 

ラーメン二郎の食べ進め方

 
1.野菜からたべすすめるべし
2.豚を先にいただくべし
3.麺をひっくり返すべし
4.味変を楽しむべし
普通盛りでも基本的に量が多いのが二郎系です。
 
初めて訪れた時は「普通」もしくは「小」を選ぶのが無難です。
 
 

1.野菜から食べすすめるべし

 
 まずは麺の上にある野菜から手をつけていきます。
 

f:id:sanrisesansan:20191028172819j:plain

 
野菜の旨みを楽しみながら食べていきましょう。
 
野菜は量が多いと途中から味が薄くなるので、卓上スープで味つけして食べていきます。
 
(今回のラーメンは野菜マシを注文したのですが、中々スマートな量でした。)
 

2.豚を先にいただくべし

 
次に手を出したくなるのは麺ですが、この場面で豚を食べます。
 

f:id:sanrisesansan:20191028173012j:plain

 
というのも2つ理由があり、豚はお腹に溜まりやすいので後半になるにつれて響くのと、
美味しいと感じられる時に食べるのが1番美味いからです。
 

3.麺をひっくり返すべし

 
豚をある程度食べたら麺のおでましです。
 
ふつうにすすっても、もちろん良いのですが、ここは一手間加えるとより美味しくいただけます。
 
底から麺を持ち上げてひっくり返しす「天地返し」をしていきます。
 

f:id:sanrisesansan:20191028173218j:plain

 
見た目は少しあれですが、これにより麺の香りが漂ってきて食欲を刺激されたところですすります。
 
 

4.味変を楽しむべし

 
麺特有の小麦の香りを存分に楽しんだ後は、卓上の調味料やトッピングで味変を楽しんでいきます。
 

f:id:sanrisesansan:20191028173835j:plain

 
今回のお店には、醤油スープ胡椒一味唐辛子刻み玉ねぎがありました。
 
これらを使って味変して行きます。
 

f:id:sanrisesansan:20191028174336j:plain

 
ポイント

「生卵」と「アブラ」トッピングがあるお店なら、この2つはおすすめの味変です。

すき焼きのように絡ませて食べるとまた違った味わいになります。

 
味変を堪能しながら、最後まで美味しく食べて行きましょう。
 
 

今回訪問したお店の食レポです。

f:id:sanrisesansan:20191028174024j:plain



でできた麺の量は普通盛りでもかなり多い印象です。
 
チャーシューWも大きさがものすごく、厚切りで柔らかく、味も濃いめでとても自分好みでした。
 

野菜のボリュームはあまり期待できませんが、食感もよく、アブラに絡めて食べるとさらに濃味な味になりました。 

 

麺は、もちもちとした食感でいて、しっかりとしたごく太麺で、濃いめのスープによく絡みます。

 

あと、トッピングでオーダーした煮卵がしっかりと味が染みていて、個人的にかなりベストでした。 

 

卓上トッピングの玉ねぎと一味唐辛子を投入すると、辛さがマッチしてかなり雰囲気を変えてくれました。

 

そしてしっかり完食です。

 

f:id:sanrisesansan:20191028174425j:plain

 

とても美味しくいただきました。

ごちそうさまでした。

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

二郎系ラーメンの食べ進め方をご紹介させていただきました。

初めての人も、二郎系ラーメンが大好きな人もぜひ参考にしてみてください。

 

なお、訪問させていただいた「ラーメン盛太郎」さんもとても美味しかったので、チェックしてみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

<周辺グルメの関連記事>

www.sunrise033.com

 

この記事が良いと思ったら、応援のポチッ!をしていだだけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村