さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信や情報、メンタル/不思議系など。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

【後楽園・春日】「MENSHOU TOKYO」ラム豚骨ラーメンを実食レビュー

 

f:id:sanrisesansan:20200225220846p:plain

東京にある東京ドーム(後楽園)近くは、ラクーアや遊園地が有名です。
 
ここに新感覚のラーメンを提供するお店があるのをご存知でしょうか?
 
 
今回は、東京の後楽園・春日にある「MENSHOU TOKYO」のラム豚骨ラーメンを実食レビューしていきます。
 
結論いうと、豚骨とラム肉が合わさった斬新でいてインパクト満点な一杯でした。
 
この記事で詳しくみていきますので、参考にしてみてください。
 

お店情報、詳細

f:id:sanrisesansan:20200225220903j:plain

 
店名
MENSHO TOKYO
住所
〒112-0003 東京都文京区春日1丁目15−9
営業時間
11:00~15:00
17:00~22:50
休業日
火曜日
電話番号
03-3830-0842
 
★横にスクロールできます(スマホのみ)
 
後楽園の近くに店舗を構える「MENSHOU TOKYO」です。
 
こちらは、豚骨魚介のWスープでおなじみの「麺屋庄野」系列のお店で、ラーメン業界では珍しいラム(羊肉)を使った豚骨ラーメンが味わえます。
メニューは食券制になっていて
 

f:id:sanrisesansan:20200225221039j:plain

 
メニュー内容は、
 
・らーめん(ラムとんこつ、煮干し)
・つけ麺(ラムとんこつ、煮干し)
・坦々麺(期間限定)
 
 
ラム(羊肉)豚骨と煮干しスープが用意してあり、ラム(羊肉)か苦手な人でもいただけるようになっています。
 
*ちなみに「MENSHOU TOKYO」では、ラムが苦手な方は油そば(ラム不要)」をお勧めしています。
 
これ以外にサイドメニューがありまして、
 
・水餃子
・胡椒飯
・ねぎ飯
・卵かけめし
・チャーシューはしっこ丼
 
ご飯メニューが多い印象で追い飯好きにとっては嬉しいですよね!
 

【新感覚!】ラム豚骨ラーメンを実食レビュー

f:id:sanrisesansan:20200225221332j:plain

本日の注文がこちらです。

・ラム豚骨ラーメン全部のせ1090円

 ・胡椒飯 150円

豚骨ラーメンのくくりなのか、替え玉(120円)も注文することができます。

ラムを使ったスープがどんなものなのかワクワクしながら待っていると、

早速、着丼です。

f:id:sanrisesansan:20200225221405j:plain

こちらがラム豚骨らーめん、全部のせ。
 
濃厚な豚骨ベースのスープにラム肉、豚チャーシュー、味玉、すだちをのせたディテールになります。
それでは実食レビューをしていきます。

【スープ】ラム(羊肉)の独特さと濃厚さ

f:id:sanrisesansan:20200225221443j:plain

 
まずはスープから食べ進めていきます。
 
濃厚な豚骨スープなのですが、ラムの独特な香りも漂い、新感覚の味わいです。
 
個人的には美味しい。
 
このラム豚骨らーめんは名前が豚骨なのに、塩味。

f:id:sanrisesansan:20200225221909j:plain

塩という表記は、ラム豚骨の味わいを存分に出しているというお店のこだわりなのかもしれません。 

麺は自家製麺を使用した、ストレート麺

f:id:sanrisesansan:20200225222334j:plain

こだわりの自家製麺が使われており、コシがあり、正方形になっている変わった麺です。
 
中太麺で食べ応えもあり、濃厚なスープとよく絡みます。
 
麺単体で食べてもしっかり味が付いており、スープと交わってとても美味しいです。
この麺を替え玉できるのは結構うれしいですね。

ラムチャーシュー

f:id:sanrisesansan:20200225222417j:plain

続いてラムチャーシュー、すんごいラムの独特な味わいが広がってきます。
 
ラーメンには似合わないような食感と風味があります。でもしっかり美味しい。
 
なんでも「真空低温調理」をしているようで、こだわりの凄さも伺えます。

豚チャーシュー

f:id:sanrisesansan:20200225222433j:plain

全部のせなので豚チャーシューも入っていました。
 
ホロホロと崩れる柔らかな食感にでしっかりと味が染み込んでいます。

味玉、メンマ

f:id:sanrisesansan:20200225223033j:plain

トッピングの味玉は、どこで食べても美味しいですね。

全部のせは2つに割られて出てくるようです。(普通の味玉トッピングだと割られてませんでした。)

メンマも大きいのが入ってまして、食感や歯応えがとてもよく、美味。

f:id:sanrisesansan:20200225223053j:plain

 
スープと麺を絡めて食べても美味しいですね。

ラム豚骨は味変で印象がガラリと変わる!

 ある程度食べ進んでいき、替え玉を投入します!
 

f:id:sanrisesansan:20200225223126j:plain

ここで味変をしていきますが、このお店は卓上調味料のバリエーションが豊富で下のようになります。

f:id:sanrisesansan:20200225223343j:plain

 
しっかり説明書きが卓上にあるのも良心的です。
 

f:id:sanrisesansan:20200225223449j:plain

 
調味料一覧
・カルダモン生姜の甘酢
・ラー油
・黒胡椒
・メンショースパイス(入れると味に深みが増す)
・ほうじ茶(入れるとスッキリした味わいになる)
・特製七味
 
ほうじ茶とかあるのには驚きました。入れるとスッキリした味わいになるとのことです。

f:id:sanrisesansan:20200225223854j:plain

 
実際に少しだけ入れてスープを飲んでみましたが、正直あまりわかりませんでした。笑
 
 
今回は甘酢、七味、メンショースパイスで味変をしていきます。
 

f:id:sanrisesansan:20200225224051j:plain

 
すると、さっきまで食べてたらーめんとはガラリと変わった味わいになりました。
 
ラムの独特な味わいに加えて、酸味と辛さや味の深みが加わってなんか良くわからないけど、うまいという状況になってます。笑
 
個人的にこんなに味変でガラリと味が変わったのは初めてかもしれません。
 
胡椒飯も食べ進めてきます。
 

f:id:sanrisesansan:20200225224228j:plain

こちらも少ししょっぱめでスープと合わせて食べても美味しいですよ。 
 
スープと一緒に食べ進めていき、なんなく完飲しました!
 

f:id:sanrisesansan:20200225224408j:plain

 
ご馳走さまでした。

【もう一品紹介】新感覚!ラム煮干し中華そば

今回は2人で訪問し、通常メニューのもう一つのらーめん、ラム煮干中華そばも食べたので食レポします。
 
頼んだ内容は「ラム煮干し中華そば 味玉 890円」
 

f:id:sanrisesansan:20200225224443j:plain

 

デフォルトの盛り付けは豚チャーシュー、刻みラム、みじん切りネギ、刻みネギ、メンマで味玉はトッピングです。

スープは煮干しがかなり効いた濃厚な味わいがして美味しい!

上にパクチーものっています。なんともおしゃれ。
 
麺はラム豚骨らーめんと同じ麺を使っていて、こちらのスープにもよく合います。
 
具材の旨味も引き立てていて、日本人に馴染み深い煮干しの味わいが安心感のある一杯に仕上がってます。こちらも普通に美味しいですね。

味変は不得意かも?しかしごはんに合うスープ

スープで煮干しがとても濃厚なので、味変をつけても美味しいのですが、ラム豚骨らーめんに比べると、そこまで変化しません。
 
あくまで、ベースは煮干しらーめんという感じです。
 
サイドメニューの胡椒飯と一緒に食べたらうますぎるたので、ごはんとの相性は抜群です!
 
こちらも美味しくいただき完飲でした。

場所情報

 
今回のお店は都営大江戸線春日駅」、東京メトロ丸の内線「後楽園」から徒歩5分でして、すぐ近くに東京ドームが見えます。
 
文京シビックセンターが目印になります。
 

まとめ

f:id:sanrisesansan:20200225225353j:plain

今回は「MENSHOU TOKYO 」ラム豚骨ラーメンの実食レビューでした。

 
濃厚な味わいで、ラムチャーシューもとてもジューシーで美味しかったですね。
 
後楽園や春日駅に立ち寄った際は是非、食べてみてください。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
 

 

この記事が良いと思ったら、ポチ!してくれると嬉しいです!

 

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村