さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信や情報、メンタル/不思議系など。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

Macユーザ辞書の使い方と復元方法、タイピングが楽になります【画像付きで解説】

f:id:sanrisesansan:20200128175153p:plain

Macを使っていて、キーボードを打つ時に変換しづらい文字ってありませんか?
 
それだけではなく、タイピング自体遅かったり苦手な方は入力作業で時間がかかったりしますよね。
 

どうも、さんらいずです。

今回はMacでタイピング作業が楽になる方法の一つ、「ユーザー辞書」の使い方についてみていきます。
 
とても簡単に利用できるので、使いこなしてタイピング作業をより効率的にしましょう。
 
 

タイピングが苦手でも打つのが楽になる

 

f:id:sanrisesansan:20200128175221p:plain

 

 

f:id:sanrisesansan:20200128173103p:plain

 

 

この記事ではMacの変換機能「ユーザー辞書」の使い方と活用法を見ていきます。

 
Macやパソコン初心者で悩みなのがタイピングの遅さ。
 
スマホタブレットに慣れている人も多い現代、現在まで全然パソコンをいじっていなかった方はこの悩みがあると思います。
 
ですが、スムーズに変換できるツールが Macにはあります。
 
それが「ユーザー辞書」でして、このツールは文章変換を文字通り登録することができます。
 
 

ユーザー辞書 登録/削除方法

f:id:sanrisesansan:20200128180229p:plain

登録方法は至って簡単です。
 
まず【システム環境設定】→【キーボード】→【ユーザー辞書】
 

f:id:sanrisesansan:20200128004036p:plain

 
または「メニューバーにある文字変換」→【ユーザー辞書を編集】でユーザー辞書ページにいきます。

f:id:sanrisesansan:20200128004028p:plain

 
【ユーザー辞書】をクリックします。
 

f:id:sanrisesansan:20200128181412j:plain

下にあるプラスをクリックして表の左にある空欄に変換したい文字を入れていきます。

f:id:sanrisesansan:20200128182734p:plain

 
この時、左には平仮名、カタカナ、数字のみ入力可能です。
 
 
次にユーザー辞書削除方法ですが、こちらも簡単です。
 
削除したい項目をクリックしカーソルを合わせ、プラスの隣にあるマイナスを押すと削除されます。

f:id:sanrisesansan:20200128183456p:plain

 

これで登録と削除は完璧です。

ユーザー辞書の活用例

f:id:sanrisesansan:20200128175245p:plain

 
ここで活用している例を挙げて、どんな用途に使えるのかイメージしてみましょう。
 
1、よく使う文章を登録
・さい→最後まで読んでいただきありがとうございます。
・あわ→合わせて読みたい!
・さん→参考元
・よろ→よろしくお願いします。
 
2、英語変換を登録
 例
・あい→iPhone
・たい→Time Machine
・ヤフ→Yahoo!ニュース
・らいぶ→livedoorニュース
 
3、濁音や特殊な変換を登録
・ち→チェック
・りょ→旅行
・ファ→ファッション
 
4、記号に変換
・みぎ→「→」
・した→「↓」
 
5、固有名詞や特定の地域

・さん→さんログ

 
このように、はじめの文字を入力すると、自動で変換されるように設定できます。
 
個人的には、英語変換や記号変換をよく利用していて、タイピングが以前よりスムーズになりました。
 

HTMLコードを登録してブログにも活用しよう

f:id:sanrisesansan:20200128194215p:plain

 
*この章はブログを書いている方向けの内容になります。
 
→興味のない方は次の「ユーザー辞書の同期と復元方法」に進んでください。
 
もう1つの使う方と言いますか、これはブログ
を書いている人向けなのですが、「ボックス」や「吹き出し」に使うHTMLコードをユーザー辞書に登録して使用することもできます。
 

f:id:sanrisesansan:20200128190208p:plain

サーバにもよりますが、私自身が使用している「はてなブログ」では、カッコや吹き出しのHTMLコードが記事を書くフォーマットに保存されていません。
 
なのでいつも書く時はHTMLコードのまとめ
記事をいちいち開くか、メモアプリにコピペして使っていました。
 
ですがユーザー辞書に登録することでブラウザやメモを開くことなく利用することができています。
 
 
広告などの長いコードは変換がおかしくなることがあるので、登録してませんが、カッコや引用、吹き出しなどのコードは今のところスムーズに対応してくれます。

ユーザー辞書の同期と復元方法

f:id:sanrisesansan:20200128175418p:plain

ユーザー辞書はiCloudiPhoneなどのiosバイスと同期できます。
 

f:id:sanrisesansan:20200128192337j:plain


 

f:id:sanrisesansan:20200128192339p:plain

この操作はiPhone側のiCloudドライブをオンにしていればOKです。
 
 
またアップデートや何かの不具合でユーザー登録のデータが消えてしまうことがあります。
 
こんな時は同期してるデバイスでも消えてしまうので不便ですよね。
 
復元方法もあるのでご紹介しますね。
 
この操作は Mac側でします。
 
まずはユーザー登録が画面に入ります。
 
次に「メニューバーにある文字変換」→【ユーザー辞書を編集】から登録画面にカーソルを合わせて【Command⌘+A】全項目選択し、そのままデスクトップにドラッグ&ドロップします。
 

f:id:sanrisesansan:20200128193717p:plain

 
ドラッグ&ドロップしたファイルがユーザー登録のバックアップ になりますので、このまま【ファインダー】に追加します。
 
復元する時は、ファインダーにあるユーザー辞書のバックアップファイルを復元したい Macのユーザー辞書にそのままドラッグ&ドロップすれば完了です。 
 

まとめ

f:id:sanrisesansan:20200128175445p:plain


 
Macの機能であるユーザー辞書を活用して、かなりタイピング作業がはかどるようになりました。
 
ブログ書く方はHTMLコードを登録することで時間効率も良くなるのでお勧めですね。
 
変換やタイピングの打ちづらさに悩んでいたら活用してみても良いと思います。
 
快適なMacライフを送りましょう。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
 
Macに欠かせないのが、Time Machineバックアップ !
その初期設定の手順をこちらでまとめていますので、まだの方は合わせてご覧ください。
 

この記事が良いと思ったらポチッ!をしていだだけると嬉しいです!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村