さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信、不思議な話 などなど

Macを初めて使う人必見!MacBook Pro使って、便利だと思った機能4選!

f:id:sanrisesansan:20190613233303p:plain

MacBook Proを愛してやまないブログ管理人 さんらいず(@sunrise_033)です。
 
今回は、2019年2月から愛用しているMacBook Pro(2017Touch Barなし)の便利だと思ったところを4つご紹介します。
→この愛用中の上記モデルMacBookの記事はこちら(リンク)です。
 
 
MacBookを使っていると、色々便利だと思うことありますよね。
 
でも、パソコンにマニュアルなどは書いてないので、始めはわからない人もいるかと思います。
 
今回、わたしが使い始めて数ヶ月で、MacBookを使いやすい、便利だと思う機能を紹介しますので、なにかお役に立てれば幸いです。
 
→基本的に初歩的なことを書いています。(自分がまだ使いこなしていないため。笑)
知ってる人も多いと思いますが、ご了承ください! 

数ヶ月使って便利だと思った機能4選!

Macには色々な設定があり、自分にあった使い方ができます。
ですが、操作のマニュアルなどはないので
Googleなどで調べて、[環境設定]などから色々な設定をしていく必要があります。
 
その中でも、これは便利だと思ったことがいくつかありました。
カーソル速度設定
・初期設定の手間が少ない
・エアドロップ
テザリング
 
では詳しく見ていきましょう。

カーソル速度設定で動きがスムーズ!

 MacBookのトラックパットはとても性能が良いのですが、それで動かすカーソルがデフォルトだとやや遅めになっています。
それをカーソル速度設定で早くすると操作がもっとスムーズになります。
手順
[システム環境設定]→[トラックパット]→[ポイントとクリック]→[軌跡の速さ]
 
[軌跡の速さ]=カーソル速度なので、お好みの速度に設定できます。
ちなみに私は1番"速い"設定にしてきます!
 
この設定で、より快適にカーソル操作できます。
 
各種設定の手間が少ない。
はい、Apple製品といえば説明書がいらないなんてよく言われますが、確かにそうかもしれません。
 
個人差はありますが、基本的な設定項目は少ないと思います。
その理由は、以下の通りです。
 

アップデート作業が分かりやすい

まずApple社が一貫してOSも本体も作っているので、アップデート更新がわかりやすいです。ソフトウェアアップデートで終わりますからね。
 
WindowsPCの場合は、色々なメーカーがWindows OS を搭載した本体をつくっているので、メーカーによってアップデートも他にいくつかある場合があります。
 

セキュリティソフトはファイアウォール設定だけでも充分

 
セキュリティソフトもあまり入れることはないので、そこも設定が少ない理由かもしれません。
(もちろん、入れても良いんですけどね。その場合は別途にウイルスバスターやノートンを購入してイルストールします。)
 
そのかわりに「ファイアウォール」の設定はしておくと安心です。
*ファイアウォール設定とは、インターネット上のハッカーなどの侵入から防ぐ壁を設定することです。
 
手順
「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」→「ファイアウォール」
・ここで左下の「カギ」マーク解除して→ファイアウォールを「入」
 
 

エアドロップ機能

エアドロップとは、Apple製デバイスに搭載されている通信量なしでコンテンツを送受信出来る機能です。
 
手順
iPhone操作
 
ホーム画面を上へスワイプして[ コントロールセンター画面 ]へ

f:id:sanrisesansan:20190613231511j:plain

f:id:sanrisesansan:20190613230535p:plain

→[ エアドロップ ]で受信する人を選択
*これで送受信できるようになります。
あとは[ 送りたいデータをチェック ]して左下の[ アクションマーク(長方形に上矢印のマーク) ]→エアドロップ
 
Mac操作
[ Lunch Pad ] →[ 写真 ]→送りたいコンテンツを選ぶ→[ アクションマーク ]

f:id:sanrisesansan:20190613230410p:plain

 
→[ エアドロップ ]
これで、エアドロップがオンになってるデバイスに送信することができます。
 
この機能で、とても便利に送受信できます。
 
私は写真、動画、文書ファイルなどを送る時に使っているのですが、すぐに送信できちゃいます。
送受信もとても早いので、とても使いやすいです(^ ^)
 
ただ、エアドロップを「全ての人」に設定していると、どんな時でも送受信されてしまい、送信側に端末の名前を知られたりしますので注意が必要です。
間違って送られてきても「辞退」すれば良いですが、なるべく避けたいのであれば、使う時以外は「受信しない」にしておきましょう。
 

テザリング機能

これはMacだけじゃなく、今やどのデバイスにもある機能ですが、、。

便利なことに違いないので紹介します!
(知ってる人ばかりかもしれませんが。笑)
 
テザリングとは、自分の使っているスマホ、タブレット、などのデバイスを親機(アクセスポイント)としてパソコン、デジカメ、ゲーム機などの他のデバイスを通信をする機能です。
スマホがルーターのような発信機になる機能というイメージです。
 
手順
iPhone側
[ 設定 ]→[ モバイル通信 ]→[インターネット共有をオン ]
 
Mac側
1.wi-fiで設定する
・Macの[環境設定]で"自分のiPhone"を選択→パスワードを入力
 
2.BLUETOOTHで接続する
・[ BLUETOOTH ]アイコンをクリック→iPhoneなどのデバイスを選択し、横にある”ネットワークに接続”をクリック
 
3.USBで接続
・iPhoneをMacに接続→Macの[ 環境設定 ]で[ ネットワーク ]をクリック
・iPhoneを選択して接続
 
私は、カフェなどでブログの編集をするときは、MacBook ProにiPhoneのテザリングを利用して4G回線でマックを使っています。
カフェなどのフリーWi-Fiを使っても良いのですが、混雑時には遅くなりますし電波も安定しないこともあるので、テザリングを選んでいます。
 
まぁ、MacBook Proの性能とかは全く関係ないんですけどね。笑
どちらかというと、外でMacBookを使うときに利用してる方法ですね。
 

テザリングを使うなら、容量の多い定額プランがおすすめ!

 
今は、スマホプランはソフトバンクの50GBプランを筆頭に3大キャリアでは大容量定額プランが主流になりました。
 
ワイモバイルなどの格安スマホでも、キャリアほどでないですが、10GB前後の格安プランがあります。
これを利用して、ポケットWi-Fi代わりにスマホを使っちゃおう!ということです。
 
プランによってはモバイルルーターを買うよりもお得になるかもしれません。
 
私自身、ワイモバイルの"Mプラン6GB+3GB増量キャンペーン"で使用していますが、外では動画などは視聴せず、音楽もiTunesで聴いているので制限なく余裕で使えています。
 
個人的にはモバイルルーターなどを2台持ちするよりもおすすめですね(^^)
 

まとめ

 
[ カーソル速度設定で動きがスムーズ! ]
カーソル速度設定で早くすると操作がもっとスムーズになる。
 
各種設定の手間が少ない。]
アップデート作業が分かりやすい
・セキュリティソフトはファイアウォール設定だけでも充分
 
エアドロップ機能 ]
・Apple製デバイス間の送受信が簡単にできて、速度もはやい。
エアドロップを「全ての人」に設定していると、どんな時でも送受信するので注意。
 
[ テザリング機能 ]
スマホ、タブレット、などのデバイスを親機(アクセスポイント)としてパソコン、デジカメ、ゲーム機などの他のデバイスを通信をする機能。
 
外でMacBookを使うときにモバイルルーターなどを持ち歩がなくて済む。

 

テザリングを使うなら、容量の多い定額プランがおすすめ! ]

・スマホプランは大容量プランと相性がよい。
 
 
いかがでしたか?
基本的なものもあったと思いますが、便利だと思った機能を紹介しました。
 
MacシリーズはiPhoneなどのApple製デバイスと相性がとても良いので、iPhoneやiPadを持っていれば更に利便性が高くなることでしょう。
 
購入予定のある方や、興味ある方の参考になれば幸いです。