さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信、不思議な話 などなど

まだまだ現役として使える!MacBook Pro" 13インチ Touch Barなしの魅力を大公開!最新のMacBook Proとの比較もしてみたよ!

 

f:id:sanrisesansan:20190524204802p:plain

Mac製品好きなブログ管理人さんらいず(@sunrise_033)です。
 
皆さん、パソコンは持ってますか?
最近では1人1台のペースで普及してきています。
これからパソコンは生活に必須になりそうですね。
 
現在、私はAppleのノートパソコン『MacBook Pro』を使っています。
 このノートパソコン、実は数ヶ月前に購入した愛用パソコンです。
 
今回は、数ヶ月使用して気付いたことを書いていきたと思います。
結論から言うとスペック的に最新ではないですが、動画や画像加工ソフトをフルに使わなければ十分に使いやすいスペックだと思います。
 
*2019年7月現在、同スペックの販売は終了しています。新発売の情報を下記に載せていますので、あわせてご覧ください。

MacBookシリーズ

MacBookシリーズは、Mac Book Proの他にMacBookMacBook Airが販売されています。
MacBookやMacBook AirとMacBook Proって何が違うの?
 
と思った人もいるのではないでしょうか?
 
簡単にいうと、こうなります。
MacBook→モバイル向け(小型で軽量)
MacBook Air→エントリーモデル(低価格で初心者向け)
MacBook Pro→ハイエンドモデル(最上位の性能)
 
私が購入したMacBook Proは最上位のハイエンドモデルです。
 

マイMacBook Proのスペックと使用用途

スペック

・CPU(脳)→Intel core i5 第7世代(デュアルコア)
 
・ストレージ(データを入れる引き出し)
→256GB(SSD)
 
・メモリ(作業する机)→16GB
 
写真はこんな感じ。

f:id:sanrisesansan:20190524121714j:plain

 
色はグレーです。
 
使用用途
 
・iPhoneとの同期、バックアップ
 
・ブログ加工や作成
 
・動画編集(趣味程度)
 
・動画視聴(YouTube)
 
 
まだまだ使いこなしていない感ありますが
iPhoneとの同期や動画編集をメインに考えました
 

Mac OS を選んだ理由

OSにはWindowsとMacの2種類あります。こちらでは今回Mac OSを選んだ理由を書いていきます。

 
・iPhoneとの同期がラク。
 
・初期設定がラク。
 
・ウイルスソフトいらない。
 
・動画編集やアップロードをするならハイエンドモデル。
 
・マルチタスクに優れている。
 
上記が大まかな理由でしたね。
 
あとはWindowsの特徴として、Officeソフトが入ってることが大きなアドバンテージですが、これは使わないのでWindowsは選びませんでした。
 
やはりメイン機としてはハイエンドモデルのPro仕様の方が比較的良いと思いました。
 
 
 はい、ここで突っ込まれるのは、「なんで今はCPU第8世代のクワッドコアのTouch Barありがあるのに、CPU第7世代のデュアルコアのTouch Barなしを買ったのか?」ということです。笑
 

第7世代(デュアルコア)の2017年モデルを選んだ理由

 
「なんで今はCPU第8世代のクワッドコアのTouch Barありがあるのに、CPU第7世代のデュアルコアのTouch Barなしを買ったのか?」
 
答えは簡単です。
 
予算の問題。笑
 
はい、これだけ、、ということではないですが半分くらいはこれが理由です。笑
 
初めてのMacだったこともあり、ブログメインでとりあえずガンガン使えて動画編集もある程度出来るマルチなものにしたいなと思ったわけです。もちろんコストを抑えてなのが前提として。。
そして少し迷いましたが、
 
”数年使ってもっと稼げるようになったら買い換えよう!”
 
そう決断して、今回は性能が少し劣るけど、リーズナブルな方を選びました。
 
リーズナブルといってもお値段は
 
Windowsの同性能のモデルに比べたら高いと思います。
 
上記のスペックでメモリを標準(8GB)にしても142800円(税別)〜はなかなかのお値段!
 
Windows PCなら同じくらいのスペックで国内メーカーでも10万円前後でオフィスソフト入ったものが買えます。
*2019年5月現在の量販店、ネットショッピング価格を参考にしています。
 
ただ、Touch Barありの2018年、2019年モデルのMacBook Proは198800円(税別)〜しますから、そう考えるとまだ手が出しやすいですよね。
 
 

実際に使用して思うこと

 

早速、数ヶ月の間ですが使用した感想は、、
 
普通に快適に使えています(^^)  
 

使用用途で見た感想

 
まぁ、MacBook Pro 1台しか持っていないので、比較してませんが。笑
 
使用用途にもよるかもしれませんが、
私の上記の用途だと問題なく快適です。
 
YouTuberさんなど、頻繁に動画などを投稿するのであれば、やはり処理速度が2倍ちかく高い第8世代以上のモデル(クワッドコア以上)が良さそうですが。。笑
 
あとは、持ち運びも13.3インチなので楽々です!重さは少しありますが、それでも軽いほうだと思います。
 

機能的なところ

機能的なことだと、やはりMac Book Pro!マルチタスクにとても優れています。
 YouTubeで音楽聴きながら、ブログ書きながら、調べ物しながら、ブログで使うイラストみつけて、、などいろいろなことが同時にできちゃいます。
 
結構サクサク動くので快適です。
 私のはカスタマイズでメモリを16GBにしていることもあると思います(^^)
(標準は8GBです。)
 
あとは、これもMacBook共通ですが、トラックパットが素晴らしく滑らか!!

f:id:sanrisesansan:20190623002657j:plain

 
ずっと触っていたいくらいに触り心地良いです(^^)
 
画面も綺麗です。Retinaディスプレイを搭載しており、滑らかな画質を再現しています。

f:id:sanrisesansan:20190524121920j:plain

 
解像度はTouch Barありモデルと同じですが、True Toneという自動で周囲の環境色に合わせて画面の色合いを調整してくれる機能が2017年モデルには非搭載です。
 

使ってみた結果

現行でも充分に使えるモデルだと感じました!
 
私の使用用途では、充分な性能でサクサク快適に作業できます(^^)
メモリをカスタマイズしたのがもしかしたら良い感じになってるのかもしれませんが、Touch Barなしで最新のCPUでなくても良いならまだまだ買いな気もします。
 
ただ、使う用途によっては処理速度が速いほうが良い場合もありますね。
 

 2019年モデルが発表!今買うべきなのはどれか?

 
新型MacBook Proが発表されました。(2019年5月)
 
この新型アップデートで15インチモデルは第9世代のCorei7、6コア〜最大Corei9、8コアまで選べるようです。
 
13インチモデルも第8世代4コアですが最大4.7GHzで動作するオプションを用意したそうです。(通常は2.8GHz)
これにより、2017年モデルのMacBook Proは2年分の差が出たことになりました。笑
 
 
やはり今、買うとしたら「2018年モデルTouch Barあり」が良いのかなと思います。資金的にも余裕あって満足なスペックを求めるなら間違えないでしょう。
 
ただ、今回の新型モデルによるところか分かりませんが家電量販店などでは、この「MacBook Pro2017年モデルTouch Barなし」が安くなっている傾向があります。
お店にもよりますが、在庫整理価格になっているお店もあります。
 
家電量販店ではカスタマイズできませんが、
もし標準スペックでも良いのであれば今はかなり買い時なのかもしれませんね(^^)
 

→追記(2019年7月現在)

なんと今回新たにMacBook Proの新モデルが発売しました! 
 
13インチのみの発売ですが、新しく加わった最下位モデルにはTouch Barありに変更されて、インテルプロセッサも第8世代のCorei5を搭載されています。お値段も139800円、15980円とお求めやすくなっているのも特徴です。
さらにさらに、、、これにより、今回紹介しているTouch Bar非搭載モデルは、、
 
実質、なくなりました(ガーン)。笑
 
と言うことで気を取り直して今までの最下位モデルだった非搭載モデルとの比較を見てみましょう。
非搭載モデルとの違い
1、Touch Barを搭載→これにより指紋認証ができるようになる。
2、第8世代インテルプロセッサを搭載→クワットコアにより、従来よりも処理速度が向上。
 
大きく分けるとこの2つが違いでしょう。
またThunderbout 3ポートは2つのままなので、ハード部分は変わらない仕様のようです。
これからはこの新発売のMacBook Proがリーズナブルプランの主軸となっていくことになるでしょう!
 

まとめ

 
いかがでしたか?
今回は愛用中の「MacBook Pro2017年モデルTouch Barなし」を数ヶ月使った感想を紹介しました。
 
新たなアップデートにより、性能が上がった2018年以降のモデルよりもスペックは劣りますが、まだまだ現行としても使える性能です。
しかし2019年7月現在では、発売が終了してしまいました、、。
悲しい、、笑
 
ですが7月の新モデル発売に伴い、よりリーズナブルに性能が上がったMacBookProを手に入れることが出来るのは嬉しいですよね!
 
興味があれば是非とも手に入れてみてはいかがでしょうか。
この記事が何かの参考になれば幸いです。
 
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。