さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信、不思議な話 などなど

明晰夢を見れるようになってから出来る事4つのこと!

f:id:sanrisesansan:20190721005931p:plain

 

3度の飯より寝ることが好きなブログ管理人さんらいず(@sunrise_033)です。

 
夢を自覚して見ることができる明晰夢ですが、これまで気づき方見やすくなる方法を書いてきました。
では実際にどんな風に見始めて、何が出来るようになっていくのか気になりますよね。
 
今回は明晰夢を見れるようになって出来る事をいくつかご紹介します。
 

明晰夢を見れるようになったら出来ること。

明晰夢をコンスタントに見れるようになっていくと夢から覚めにくくなり、色々なことが出来るようになります。
 

1.滞在時間が長くなる。

まず見始めたばかりだと、夢だと気づくこと自体に驚いてしまいます。
これは私がそうでした。笑
ただし、嬉しい!見れた!やったーと興奮するとなぜだか、すぐに目が覚めてしまいます。
 
以前の記事「寝る時にひと工夫することがコツ!明晰夢が見やすくなる方法4選!」でも触れていますが、明晰夢は眠りが浅い時に良くみることが多いです。
 
なので、はじめのうちは起きないように興奮状態を抑える必要があります。
なぜなら、興奮すると覚醒して目が覚めてしまうんですね。笑
 
そして、慣れてくるとだんだんと滞在時間が長くなり、 目が醒めるまでの時間も長くなっていきます。
 

2.より行動範囲が広くなる。

これも1と似ているのですが、滞在時間が長くなると動ける範囲も多くなります。
動ける範囲とは、自分自身が行動できる範囲のことです。
 
夢のシチュエーション(地元の街や体育館、浜辺などの自分がいる空間)自体は選べませんが、その見ている明晰夢の空間の中で行きたいところに行くことができます。
 
私の場合は乗り物などで移動することはなく、いつも空を飛んで移動をするのですが、これも行きたいところに行く手段の1つでもあります。
色々行きたいところに行けるので、リアルな現実世界と同じように行動できるようになっていきますよ。

3.出来ることが増えていく。

次第に慣れてくると色々なことができます。ここで私が実際にできたことを紹介します!
 
・空を飛ぶ

 

f:id:sanrisesansan:20190719232239p:plain

 
高いところから低いところに飛び出していくパターン地面からジャンプするように徐々に飛んでいく2パターンが出来ます。
初めは飛べる高度が低いですが慣れてくる毎に高度が高くなり、シチュエーション次第では宇宙を超えます。笑
 
・スパイダーマン
うまい表現がみつからないのでこのネーミングにしました。笑
 
要は建物と間と間を飛び移る動作です。そうスパイダーマンのように!
素手を使って垂直の面をぴょんぴょん登っていく感じです(表現的にホラー。。笑)!
 ビル同士の間も飛び越えることもできます。

 

・高速移動

f:id:sanrisesansan:20190719232334p:plain

 
走ってるというより、平行移動してる感じですね。意識を向けた所へ瞬時に移動するのですが、移動中の景色は見えています。
いきたい方向に目を向けたら、その映像がズームになっていくイメージで移動していきます。意識が先にその場所まで行って、身体がついてくる感じです。 

 

・水中で活動

f:id:sanrisesansan:20190719232418p:plain

 
完全に水中でも、呼吸できます。
視界もかなり明確なので、水中って感じがしません。
ですが、水中での浮遊感もあります。
この時はもしかしてエラ呼吸なのかもしれません。笑
 
・物を出現させる

f:id:sanrisesansan:20190719232306p:plain

 
これは思ったものがそばに出てくるというもの。
たとえばホウキが欲しいと思えば道にホウキが落ちてたりします。
 
ただし、未だに「人」は1度も出現したことがありません。
もっと詳しく言うと、人だけじゃなく、動物などの生命あるものは今のところ出現させた事はないです。
 
これ不思議です。。
 

4.場所を拡張できる

f:id:sanrisesansan:20190721005618p:plain

ある程度、明晰夢をコントロール出来たら、できるようになりました。

この言葉自体あまり的確じゃないかもしれませんが説明しますね。
 
夢の概念として、ある決まった場面で活動をしている自分がいます。
 
普通の夢は夢だと気づかないので、その場面が全てです。夢の中ではしか考えられないからです。
ですが明晰夢では、夢だと自覚しているので、その場面にいる自分に気づくことが出来ます。そう、その場面からちがう所に移動できるんです。
 
私の場合を解説すると、
 
ビルの中や校舎の中にいる明晰夢をよく見るのですが、この時に不意に窓を開けて外に飛び出します。
 
すると、そこは真っ白な空間しかないのですが、次の瞬間に鉛筆で書いたような描写が現れて背景がどんどん出来てきます。
 
まるで場面を拡張しているように自分のいく場所が描かれていきます。
漫画を自分で作っているような感覚になって面白いです(^^)
 
 

明晰夢で出来ないことと、不思議な出来事

このようになんでもできて楽しい明晰夢ですが、出来ないこともあります。
ここではいくつか紹介します。
 
*あくまで体験的に話しています。個人差あると思います。
 
上記にも書きましたが、「会いたいと思った人」や動物などの生き物を想像することは出来ません。なので、こちらから芸能人や憧れの人を出現させる事は出来ないと思います。
シチュエーションで既にいるバージョンはありますけどね。そのパターンの明晰夢を見れたらラッキーでしょうね!
というより、まだ私がそのレベルまでいってないのかも。。笑
 
あとは、想像しないことは出来ません(当たり前ですが)。
この明晰夢では、思ったことが実現する世界でもあるので、想像の外のものは実現できないのです。
 
また不思議なこともあります。
夢なので脳が記憶してしている家族や知人、子供の頃の先生や友達などは出てきます。
 
しかし、知らない人も結構出てくるんですね。通行人的な人はまだしも、会話とかしてる時もあります。
 
ある時は、これが不思議なのですが、こっちは知らないのに向かうから「また君かぁ、いつもしてるんだね」と言われました。
夢のシチュエーションは毎回変わるので、いつもリセットされてると思ってたのですが、夢の中の人が私のことを覚えていたのです!
これにはびっくりしたので、すぐに起きたのを覚えています。
 

明晰夢のデメリット

こんな楽しい明晰夢ですが、練習して見れるようになると、
 
疲れを要するようになります。
 
私の場合はそうでした。
 
まず、現実とあまり区別がつかなくなるため、休んでる気がしないのと、だんだんと頭痛が出てしました。
疲れも取れなかったため、明晰夢を見続けることをやめてしまった背景があります。
 
まぁ、個人差あるので、上手いやりかたがあるのかなと思いますが。笑
 
このように明晰夢は見れば見るほど現実的に活動できるようになります。
またこの先に入って「継続夢」という夢のまであるようです。
私はまだ見れてません。笑
 

まとめ

いかがでしたか?
明晰夢を見れるようになって出来ること4つをおさらいすると、
・滞在時間が長くなる。
・より行動範囲が広くなる。
・出来ることが増えていく。
・場所を拡張できる。
 
さらに、出来ないこともおさらいすると、
・人や生き物は出現させることができない。
・自分の想像出来ない事は体現できない。
 
などなど、、。
 
個人差はあると思いますが、このようなことが出来るようになります。
またもっと深く見れるようになれば、さらに出来ることが増えていくと思います。
 
やり方にもよるので、これにも個人差があると思いますが、このように楽しい明晰夢ですが頻繁に見続けると疲れが取れないことや、頭が痛くなるなどの症状が出るときもあるので、体調が振るわない時には気をつけてくださいね。
 
明晰夢を楽しむための参考にしてみてください。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。それでは!