さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信や情報、メンタル/不思議系など。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

【被害を少なくしよう】災害に備えた家具の配置方法【防災対策】

f:id:sanrisesansan:20200521234004p:plain

地震だ!安全な場所に避難しよう。」

安全な場所ってどこでしょう?

自宅でしょうか?避難所でしょうか?

結論をいうと、「災害が来る前に備えて、安全な場所を確保しておく」ことが自宅での安全確保につながります。

・普段いる場所の「家具の配置」を見直す

・落ちてこない・倒れてこない工夫をする

・移動してこない部屋作り

防災対策として大切なの「あらかじめ安全な場所」を作っておくことが大切です。

今回は震災・災害時の安全な家具の配置方法について、詳しくまとめていきたいと思います。

 


スポンサードリンク
 

地震における被害

災害時の備えなどを調べていくと「実際に起きた時はどんな規模なの?」という疑問が出ていました。

色々しらべていくと、阪神大震災での死者数のほとんどが自宅で亡くなっているそうなんですね。その原因のほとんどが家屋の倒壊や転倒によるものだったそうです。

参考元:内閣府

ちなみに大地震を規模を表すと、

 
震度
人の行動
屋内状況
5弱
物に捕まりいたと感じる
棚や書棚の中身が落ちる、物が倒れる
5強
歩くことが困難になる
家具が倒れることがある
6弱
立っていることが困難になる
家具の大半が移動し、倒れる
6強
立っていることも動くこともできない。
ほとんどの家具が移動し、倒れる
7
*6強と同じ
ほとんどの家具が移動し、倒れて、飛ぶこともある

 

参考元:気象庁震度階級関連解説表

 

阪神淡路大震災では最大震度7を観測しています。

実際に震災を体験した方のブログの一部を抜粋いたしました。

29型テレビがコンセント引きちぎって5メートルすっ飛ぶくらい揺れるのですから。経験しないと想像できないとは思うけど…。

引用元:地震が起こる前に、これだけはしておけ!

 

当時はブラウン管TVですが、5mずっとぶのが震度6〜7の地震なんです。

安全な部屋なのか見直してみたら、危険地帯だった!

実際に震度7地震が起きると、

 

部屋の中
対策
家具が移動する
家具転倒防止板
背の高い家具(本棚)が倒れる
L字金具、突っ張り棒
テレビが飛ぶ
粘着マット
タンスの引き出しが抜けて飛んで来る
引き出しストッパー

 

こんな感じで大半の家具やものは倒れて、移動してめちゃくちゃになります。

人は立つことも動くことも出来ません。

これ、大げさに言わなくても普段使っている家具が震災時には凶器になるってことです。

なので僕自身の部屋にある配置を見てみたら、

f:id:sanrisesansan:20200521234036j:plain
はい、これ思いっきり寝てる時に直撃します。

2mくらいの本棚とか置いてあるし。

そこで、安全な部屋を確保するべく位置を変えてみることにしました。

「震災・災害」に備えた家具の配置

・背の高い家具を部屋に置かない

・貴重品を奥に置かない

・寝ている頭上に物を置かない

これが震災に備えた家具を配置するポイントです。それぞれ詳しくみていきます。

背の高い家具を部屋に置かない

背の高い本棚などは極力置かないこと方がよいです。

ですが、私の部屋にはしっかりと置いてます。笑

だってスペースないんだもん。

なので、その場合は、

・入り口付近に置かない

・寝るスペースを背の高い家具から離す

このように配置します。

入り口に置かないのは、倒れて出入り口が塞がれるのを防ぐためです。

就寝中に地震がきた場合は無防備なので、転倒してきても下敷きにならないような距離で寝ます。

貴重品を奥に置かない

貴重品はすぐに持って逃げられる位置に置いておきます。

震災が来た時は部屋の中もめちゃくちゃになるので、奥にあると転倒したりした家具の下敷きになってしまうこともあります。

入り口付近や取りやすい場所が良さそうです。

寝ている頭上に物を置かない

頭上にものがあると、飛んできます。TVなんかあっても飛んできます。

【転倒防止対策なし】震度5弱相当ではテレビに大きな揺れは見られなかったが、震度5強相当では大きな揺れが見られ、震度6弱相当ではすべてのテレビが転倒し、テレビ台から落下。

引用元:ハーバー・ビジネス・オンライン

 

 

薄型テレビでも震度6強の揺れで転倒するデータもあるんです。

上を踏まえて、自室の配置を工夫!

で、上を踏まえて部屋の配置を変えてみました。

部屋ものが多くてお見せできないので、画像で説明します。

f:id:sanrisesansan:20200521234036j:plain

これが先ほどの配置

f:id:sanrisesansan:20200521234320j:plain
配置を変えたらこんな感じになりました。

変えたところは、

・テレビの位置を変えて固定

・貴重品は持ち出しやすい場所に配置

・寝る向きを変えて本棚から距離を置く

入り口付近に貴重品、PCやモバイルバッテリーなどの電子機器を置いてます。

奥に鏡とかTVなどを詰めてみました。あとこれに耐震対策をしていきます。

家具に「耐震対策」をする

対策はこちら、

 
部屋の中
対策
家具が移動する
家具転倒防止板
背の高い家具(本棚)が倒れる
L字金具、突っ張り棒
テレビが飛ぶ
粘着マット
タンスの引き出しが抜けて飛んで来る
引き出しストッパー
 

これらがネットで調べると耐震対策としてでてきます。なので、極力こうしたものをしていきたいと思い、

f:id:sanrisesansan:20200521225540j:plain

f:id:sanrisesansan:20200521225542j:plain

f:id:sanrisesansan:20200521225545j:plain

こんな感じで対応してみました。

突っ張り棒はネットショッピングで、転倒防止板と粘着マットは100円均一でとりあえず揃えました。

↓突っ張り棒のレビュー記事です!

まとめ:「家具の配置」を対策して安全は場所をつくろう!

まとめますと、

・大地震は部屋の家具が凶器になりかねない

・部屋を見渡して配置を確認

・震災に備えた家具の配置

・耐震対策をしっかりと!

いつ起こるかわからない震災ですので、安全な場所は自分で作って置くことが大切です。めんどくさがらずに少しづつ始めてみましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

非常用バックの中身や置き場所は下記記事でまとめてます。参考にしてみてください。

合わせて読みたい

www.sunrise033.com

この記事が良いと思ったらポチッ!をしていだだけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ