さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信や情報、メンタル/不思議系など。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

踏み抜き防止インソール、100均スリッパを防災用スリッパに!【ワークマンレビュー】

f:id:sanrisesansan:20200520001125p:plain

今回は災害時に足裏を守るワークマンの踏み抜き防止中敷を購入レビューしていきます。

普段は靴の中に入れるインソールを使って、100均スリッパを防災用スリッパにしてみました。

 


スポンサードリンク
 

まずは商品情報、価格は795円!

f:id:sanrisesansan:20200518040300j:plain

ワークマンから発売されている踏み抜き防止インソールです。

災害時にスリッパと合わせて使用するために購入しました。

防災スリッパでもよかったのですが、低価格で普段靴にも使えることが(購入の)決め手でした!

  
商品
Lプロテクション
踏み抜き防止インソール
価格
795円(税込)
カラー
ホワイト(1色)
サイズ
M・L・LL
素材
ポリエステル
(生地積層材 エル・プロテクション)
対象
メンズ

サイズ表を載せていきますので参考にしてください。

 
サイズ
対応サイズ
M
24~25.5
L
26~27
LL
27.5~30
 

参考元:ワークマン公式オンラインストア

踏み抜き防止でJIS 規格T8101(踏み抜き性基準)をクリア

f:id:sanrisesansan:20200518040306j:plain

このインソールはIS 規格T8101(踏み抜き性基準)をクリアした商品になります。

JIS規格(日本工業規格

工業標準化法に基づき制定された国家規格です。「耐踏み抜き性」については「JIS T8101 安全靴」に基準が差がめられています。(釘が貫通する力→1100N以上)

簡単にいうと、釘を踏んでも貫通しない素材だということを国が認めた商品ということです。

安全性は高くしっかりと足裏をガードしてくれます。

柔軟性が高く、とても軽量

f:id:sanrisesansan:20200518033923j:plain

ポリエステル素材を何層にも重ねて作った「エル・プロテクション」という材料でできています。

ポリエステルなので軽いし、すんごく曲げられます。

スリッパ に入れて履いても全然違和感なく履けます。

対応サイズも30cmまでと幅広い

f:id:sanrisesansan:20200518035153j:plain

対応サイズはM・L・LLの3サイズで、24〜30cmまで対応しています。

靴や靴下でなかなか29〜30cmはないのでサイズがあると本当に助かります。

30㎝まであるのは足が大きめな人には嬉しいですね。

薄いので何にでも合わせられる

f:id:sanrisesansan:20200518034133j:plain

この商品はフラットタイプになっているので、スリッパなどのカカトがないシューズでも合わせられます。

インソール感覚で履けるので全く違和感はありません。

もちろんかかとがフィットするような形の物でも靴はなんでも合いますよ。

クッション性はありません

f:id:sanrisesansan:20200518034158j:plain

素材は柔軟性があり履きやすいですが、衝撃吸収などの機能はありません。

なので障害物から足元を保護するという目的で割り切って購入することをおすすめします。

災害時、足元はとても危険

水がでないから傷口洗えない。清潔にたもてない。病院はもっと重症の患者で一杯。ざっくり切った日にゃ大変です。足の裏を切ると歩けません。火事から逃げるのもヨタヨタです。
高層マンションに住んでいる方。エレベーター止まります。止まったきりで当分動きません。水とか食料とか近くの避難所にもらいに行くのにいちいち階段を上り降りしなければなりません。足の裏の怪我は致命傷なんです。
引用元:地震が起こったら、まずこれをしろ!

災害の備えをしようと調べていましたらこんな記事を見つけました。

災害時に怪我をしたらどんなに大変なのだということがこの記事で伝わりました。

特に災害発生直後は物がそこらじゅうに散らばっているので、自宅にいても足の踏み場もない場面も多いと言います。

災害時に怪我をしたらどんなに大変なのだということがこの記事で伝わりました。

スリッパに入れて防災対策

f:id:sanrisesansan:20200518035143j:plain

そこで用意していきたいのがスリッパです。

今回は100均のダイソー150円で購入しました。

100均スリッパの強度では下に釘などがあった場合は貫通することも!

なので、「防災用スリッパ」や今回紹介した「踏み抜き防止インソール」などを入れて対策していくと安心です。

スリッパに入れる方法は靴と同様に中敷感覚で入れればOKです。

f:id:sanrisesansan:20200518034823j:plain

甲が浅かったり、かかと部分がズレやすい場合は両面テープでカカトを接着させれば問題なく履けます。

購入は店舗とオンラインサイトから

「踏み抜き防止インソール」はワークマン、ワークマンプラスの店舗で販売されています。

店舗情報は ワークマン公式サイトから確認することができますのでご自宅の近くにあるワークマンを探してみてください。

オンラインサイトからの購入もできます!

↓下の画像から商品を調べられます!

オンラインストアは全国への配送とそれ以外にも「店舗受け取り」サービスがあり、送料無料で利用することができるので便利です。

↓下記記事にオンラインの買い方について詳しく載せていますので参考にしてみて下さい!

まとめ

まとめますと、

・価格は795円と買いやすい価格

・JIS 規格T8101(踏み抜き性基準)をクリアで安心

・柔軟性と軽量性に優れている

・24〜30cmまで幅広く対応

・靴を選ばないで合わせられる

・防災対策にもしっかり使える

普段ではあまり使わなさそうですが、災害時に活用していきたいと思います。

ワークマンは職人服のお店でもあるので、こういった安全性の高い商品が多いのも魅力ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が良いと思ったら、ポチっ!してくれると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ