さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信や情報、メンタル/不思議系など。

20190905040954

【AirPods】大事なAirPodsを無くした時に試したい!Apple製ワイヤレスイヤホンAirPodsを探す方法!

 

f:id:sanrisesansan:20190911011415p:plain

 
 
こんにちは。Apple製品大好きなブログ管理人さんらいずです。
 
今回はAirPodsを無くしてしまった時に「iPhoneを探す」を使って探す方法をご紹介します。
 
AirPodsを使っていて、無くす心配をしたことありませんか?
コードで繋がっていないので、つい失くしてしまうこともあるかもしれません。
実際に私自身この方法で無くしたAirPodsを見つけることができました。
それでは見ていきます。
*すぐに探す方法を知りたい方は、目次の[AirPodsを「iphoneを探す」で探す]をご覧ください。

 

Apple製ワイヤレスイヤホン『AirPods

AirPodsは、Apple社が開発したワイヤレスイヤホンです。
ほかのApple製品同様にスマートなフォルムをしています。
ケースのしたは、ライトニングケーブルをつなぐポートがついています。
これでiphoneの充電ケーブを使ってケースを充電します。

f:id:sanrisesansan:20190626183800j:plain

 
ピッタリとはまるので、とてもスマートに持ち歩く事が出来ます。
真ん中のセンサーが光って充電があるかを教えてくれます。

f:id:sanrisesansan:20190626183838j:plain

 
値段は約18000円〜23000円と高級品です。
 
しかしその価格に見合った分使い勝手がよく、
 
・自動オン、オフ機能
・Siriが使える
・ダブルタップで着信を取れたり、次の曲に進めたり出来る
 
といった機能があり、操作も簡単です。
 
なにせ耳につけるだけでオンになりますからね。
 
さて、このAirPodsですが先日、家の中でつけようと思ってフタをあげたら、、。
 
あれ?片方しかない、、、。
 
えぇーー、なんでー??
 
その日は外出するときに持っていったのですが、帰りまでしっかり音楽を聴いていました。
 
そして玄関で耳から外してケースに入れたはず、、。
どこで失くしたんだろう??笑
 
ということで色々家の中を捜索してみました。
 
が、見つからない。。。
 
ということで、早速Googleさんで調べてみると、Appleホームページに探し方が書いてありました。
 
このAirPodsiPhoneを探す」機能で捜索可能とのこと。
 
よかったー。とりあえず探すことができそうです。
さっそく試してみることにしました。
 

Airpodsを「iPhoneを探す」で探す

f:id:sanrisesansan:20190626183924j:plain

 

1.AirPodsを普段接続しているiPhoneiPadiPhoneを探す」を設定

まずはairpadsをいつも接続しているデバイスの「phoneを探す」を設定します。

接続されているデバイスから無くしたairpadsを探せるなんて便利な時代になりなしたよね。一昔前はひたすら、部屋の隅々まで探していましたからね。笑

 

手順
・ホーム画面から【設定】→【ユーザ名】→【iCloud】の順に進み、下までスクロールして【iPhoneを探す】→【iPhoneを探す】→【最後の位置情報を探す】をオン
 
 

2.「iPhoneを探す」を使ってAirPodsの現在地を確認

次にAirPodsが今どこにあるのか確認します。

私の場合、これで確認した結果、自宅にAirPodsがあることを確認できました。

手順
・アプリの「iPhoneを探す」を開く
(*この時、Wi-Fiかモバイルデータ通信で接続するので、Wi-Fi環境がない場合、[設定]からモバイルデータ通信を"オン"にしましょう。)
Apple IDとパスワードでサインイン→画面にあるAirPodsをタップ
 
 
AirPodsの色によって状態が分かるのだそう。オンラインだと緑になります。
 
ちなみに充電切れかケースに入ってる時は灰色になる仕様なので、見ただけでオンオフが分かります。

3.AirPodsを鳴らす。

 
オンラインの場合、無くしたAirPodsを鳴らすことができます。
 
これがとても便利なんです。
 
実際にこれで無くしていた片方のAirPodsを見つけることが出来ました。
何かの隙間に入っている時も、これなら探すことができます。
 
手順
・【iPhoneを探す】にサインインして、緑色のAirPodsを表示→【下の再生ボタン】を押す
もし、片方どちらかが紛失した場合は手元にある方を消音にするか、ケースに入れてオフライン状態なされば、失くした方のみ音がなります。
 
早速試してみると、玄関先で「ピピピピーーーッ」と音が!
どうやら、玄関入って耳から外した時に片方落としてしまっていたようです。
こうして、迷子の片方AirPodsは無事発見されたのでした。
 
万が一、見つからずに失くしてしまった場合は公式Apple Storeで修理交換として購入することが出来るのでサポートで申し込みをしてみることもできますよ。
 

まとめ

いかがでしたか?

今回はAirPodsを無くした時の探す方法を紹介しました。
 
AirPodsはワイヤレスで両耳とも単独なタイプは失くなる心配があるイメージがあるかもしれませんが、この方法なら安心して使えそうですね。
とても便利な機能なので、AirPodsを携帯している時は「iPhoneを探す」をオンにしておくと良いかもしれません。