さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信や情報、メンタル/不思議系など。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

Time Machineの使い方と簡単手順、初回バックアップ方法【Mac購入者はやりましょう!】

f:id:sanrisesansan:20200123171306p:plain

 


Apple製品でMacMacBookを使用する上で欠かせないのが、データのバックアップです。

 

近年のMac BookシリーズはSSDが投入されて高速で起動することができる反面、ストレージ(容量)は小さくなっているためデバイス本体以外の場所にデータをバックアップするのが必須と言えます。

 

どうも、さんらいずです。

 
そこで便利なのがMac/MacBookに始めから付いているデータバックアップ機能「Time Machine」です。
 
 
今回は「Time Machine」機能のバックアップの方法を紹介します。
 
結論から言うと、「Time Machine」のバックアップ機能はかなり優秀です。
 
パソコンは消耗品なのでいつ壊れるか分からないこともあります。
設定はしておいた方が良いと言えますので、 Mac購入者はぜひやりましょう。
 
設定も難しく思われますが、一つ一つ見ていけば簡単な作業なので一緒に見ていきましょう。
 
 

Time Machineの使い方、初回バックアップ方法(画像付き)

 
 では早速、Time Machineの設定方法を見ていきます。
 
今回設定をするにあたって下記のサイトを参考にさせていただきました。
内容がとてもわかりやすく実行する手助けになりましたので、載せておきます。
 
簡単な流れを図にするとこのようになります。
 

f:id:sanrisesansan:20200124015843p:plain

 
それでは、順番にみていきます。 
 

Time Machineバックアップに必要なものは? 

f:id:sanrisesansan:20200124020255p:plain

 
まずは必要なものを用意します。
 
その1 外付けのストレージデバイス
 
その2 変換アダプター(必要ならば)
 
 
 

その1 外付けストレージデバイス

 
 MacのTime Machineを設定するには、外付けストレージデバイスという Macのデータを保存するものが必要になります。
 
外付けHDDを選ぶ目安はMacOS対応のもので、バックアップを取るデバイスの2〜3倍以上の容量のものを選ぶと良いです。
 
種類はいくつもありますが一般的には、ハードディスクドライブ(HDD)、ソリッドステートドライブ(SSD)の2つがあります。
 
カンタンに解説すると下記になります。
 
・HDD
ディスクが入っている、衝撃に弱い、容量が大きい、安価。
 
SSD
半導体メモリで動く、電力消費が少ない、衝撃に強い、容量が少ない、高価。
 
 
 
 
今回はこの外付けHDDを使用します。
この商品を選んだのは、MacBook Air、Proともに直接接続できるUSB typeCケーブルが付属されている点と、 Mac用としてのシリーズがあるWDの相性の良さですね。
 
 
 

その2 変換アダプター(必要ならば)

 
また現行のMacBook Proにはthunderboltポートが搭載されていますが、外付けHDDを選ぶ際にUSB3.1タイプC端子が付いているケーブルが入っている場合はそのまま使って構いません。
 
USB3.0タイプAのケーブルしか同梱してない場合は変換アダプタが必要な場合がありますので購入するときに注意が必要です。
 
 

 外付けHDDを初期化

f:id:sanrisesansan:20200124020259p:plain

 
外付けHDDの初期化、またはフォーマットの設定をします。
 
これをする理由としては初めて使うHDDはデフォルトでの設定が決まっているのでこの設定をMac用にするために行います。
 
と言っても難しいことはないですよ。一緒に見ていきましょう。
 
 
まずは購入した外付けHDDをMacに接続します。
 
しばらく読み込んだ後にMac側から「Time Machineでバックアップを作成するために◯◯◯を使用しますか?」という文字が現れます。
選択項目が
 
・後で決める
・使用しない
・バックアップディスクとして使用
 
 
と出てきますので、「後で決める」を選びます。
 
一旦、 Macの画面に戻り、
 

f:id:sanrisesansan:20200123123917j:plain

 
【Launchpad】にある【ディスクユーティリティ】をクリックします。
 

f:id:sanrisesansan:20190922232847j:plain

 
下の画像になるので、その上にある【表示】をクリック、
 
 

f:id:sanrisesansan:20200123130904p:plain

 

 
項目にある「すべてのデバイスを表示」をチェックします。
 

f:id:sanrisesansan:20200123123947p:plain

 
これで「ディスクユーティリティ」画面に現在 Macに接続されている全ての記憶装置が表示されますので、外付けHDDの1番上にカーソルを合わせます。
 
ここで上の項目にある「消去」を選択します。

f:id:sanrisesansan:20190922234041j:plain

 
選択すると、「◯◯◯を消去しますか?」というメッセージと同時に「名前」、「フォーマット」、「方式」を設定する場面が出てきます。
 
 Macのみで使用する場合は、下記のように設定します。
名前→自由に入力、日本語可能、スペース不可(「TimeMachine」など)
 
フォーマット
・暗号化する場合→Mac OS拡張(ジャーナリング、暗号化)→推薦!
・暗号化しない場合→Mac OS拡張(ジャーナリング
        
方式→GUIDパーティションマップ
  
これで【消去】→【完了】で終了です。
 
*フォーマットで「Mac OS拡張(ジャーナリング、暗号化)」を選択した場合は、パスワード設定画面が表示されます。
 
このパスワードは復元する時に必要なので忘れずにメモやパスワード保管ツールに記憶しておきましょう。
 
ヒントは任意なので心配な方は設定してくださいね。
 
暗号化は必要?
暗号化は、第三者からデータを閲覧できないためにパスワードを設定して保存することフォーマットのことです。
 
持ち運びするHDDでは紛失や盗難といったリスクがあり、この時に暗号化していれば悪用される被害を防げます。
 
リスク回避のためにも、暗号化はしておいても良いかもです。
 
 
 

f:id:sanrisesansan:20200123142858p:plain

 

 
この後、再度「Time Machineでバックアップを作成するために◯◯◯を使用しますか?」と告知されます。
 
パーテーションを設定しない場合はここでバックアップを始めても構いません。
 
設定する場合は、告知をスルーしてそのまま【ディスクユーティリティ】のページから【パーテーション作成】をします。
 
 

パーテーションの設定

f:id:sanrisesansan:20200124020305p:plain

 
*パーテーションを設定しない場合は、この次の「Time Machineの設定」へ進んでください。
 
パーテーションとは、カンタンにいうと「容量を分割する」ことです。
 
今回の場合、「Time Machineで使用する部屋(容量保存場所)の他に、違いデータを保存する部屋(容量保存場所)も作ろう」ということですね。
 
外付けストレージデバイスは通常ではデータ保存場所は1つなので、 Mac側から設定する必要があります。
 
 
パーテーションを設定する方法は、【Launchpad】にある【ディスクユーティリティ】をクリックします。
 

f:id:sanrisesansan:20200123123917j:plain

 

f:id:sanrisesansan:20200123131304p:plain

 
 
【ディスクユーティリティ】から【パーテーション作成】をします。
 

f:id:sanrisesansan:20200123131837p:plain

 
 クリックすると、「◯◯◯にパーテーションを作成しますか?」という画面になりますのでその中の【パーテーション情報】を設定していきます。
 
項目は、「名前」、「フォーマット」、「サイズ」です。
 
名前→データとわかるような名前を入力(「データ用」など)
 
フォーマット
・暗号化する場合→Mac OS拡張(ジャーナリング、暗号化)
・暗号化しない場合→Mac OS拡張(ジャーナリング
 
サイズ→サークルになっている部分を手動で調整(自分は2TBの外付けHDDを1TBづつ分けています。)
 

f:id:sanrisesansan:20190922234202p:plain

パーテーション分けされるとこのように色分けされます。
 
 
「適用」→確認画面の「パーティション」をクリックして完了です。
 
 
完了したら、再度MacからTime Machine設定のポップが出ます。
 
ここでTime Machine用に作ったデータ保存領域で作成することもできます。
 

Time Machineの設定

f:id:sanrisesansan:20200124020315p:plain

 
いよいよTime Machineの設定をしていきます。
 
デスクトップの下にある「Dock」から【システム環境設定】→【Time Machine】をクリックします。
 

f:id:sanrisesansan:20200123155338p:plain

 
「Dock」に「システム環境設定」がない場合は、上のリンゴから「システム環境設定」→「Time Machine」をクリック。
 
 

f:id:sanrisesansan:20200125033902p:plain

 

 
「Time Machine」クリック後に下のような画面になるので、Time Machineアイコンの下にある「ディスクを選択」→「ディスクを使用」をクリックします。
 

f:id:sanrisesansan:20200125035524p:plain

 
この時、フォーマットをMac OS拡張(ジャーナリング、暗号化)にしていない場合は、横にある「バックアップを暗号化」にチェックを入れると暗号化できます。
 
この後は「バックアップ中」になりますのでひたすら待ちます。
 
ディスクトップに「初回バックアップ処理が完了しました。」と表示されれば初回のTime Machineバックアップ完了です。
 
 
初回バックアップの実際にかかった時間は色々な実際にされたサイトやSNSを見てみましたが、大体1時間半〜2時間くらいが多かったです。
 
しかし、上記でも述べてるように使用する外付けデバイスのフォーマットを「Mac OS拡張(ジャーナリング、暗号化)」にしないで暗号化すると膨大な時間がかかってしまうのでフォーマットの確認、設定はしておくことをおすすめします。
 
 
なお、初回は時間がかかりますが2回目以降は暗号化の処理がないので数分でバックアップができますよ。
 
こちらはTime Machineのバックアップ、2回目からの手順は簡単にできます!で詳しく書いていますので参考にしてください。
  
 

Time Machineバックアップって?

f:id:sanrisesansan:20200123171625p:plain

 
これまでTime Machineの設定を紹介しましたが、そもそもTime Machineてどんなものなのかを紹介しますね。
 
Time MachineはMacOS に搭載されているバックアップ機能です。
 
Macの中にあるデータをまるごと外付けハードディスクに保存するというもので、

・過去24時間の1時間ごとのバックアップ
・過去1ヶ月の1日ごとのバックアップ
・過去のすべての月1週間ごとのバックアップ 

 
これを自動バックアップする仕様になっています。
こまかな時間は1時間ごとにバックアップしてくれるので、とても便利ですね。
 
自動を解除したい時は【システム環境設定】→【Time Machine】をクリックし、Time Machineロゴ(丸い緑の球)の下にある「バックアップを自動作成」のチェックを外してください。
 

f:id:sanrisesansan:20200125033927p:plain

バックアップ中は動きが遅くなるという報告もあるので手動でされている方も多いようです。
 
 
なお、指定してるHDDがいっぱいになると、古いバックアップから削除されていきます。
 
 

まとめ

 

今回はTime Machine設定をなるべく丁寧に説明してみました。

 
Macを使っている方にはオススメのバックアップ方法です。
 
できれば購入してから早めに設定しておくことをおすすめします。
 
というのもTime Machineはバックアップを取ることを目的としていますが、「リカバリディスク」と似たような
 
データ消失リスクを考えるとMacユーザーならやっておいて損はないのかなと思いますね。データはやっぱり大事ですし、Macが使えなくなってからだと遅いですからね。
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
 
 

この記事が良いと思ったらポチッ!をしていだだけると嬉しいです!

 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村