さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信や情報、メンタル/不思議系など。

20190905040954

【東京】図書館をカフェの代わりに!快適に過ごす方法まとめ。

f:id:sanrisesansan:20190912163335j:plain

 
こんにちは。ブログ管理人さんらいずです。
ブログの記事作成や編集などをカフェですることが多いのですが、最近は近くにある図書館ですることが多くなりました。
 
そもそも、仕事を辞めてからブログに費やす時間が多くなったので(2019年の夏に退職しました。)、カフェにいく以外でどこか場所がないかと思い、兼ねてからまとまった時間ができたら本を借りに行く予定だった図書館で作業できないかと思ったのがきっかけでした。
今回は図書館をカフェ代わりに利用して、より快適に過ごす方法をまとめてみました。

外出して作業する理由

私の場合、家で作業することがとても、とても苦手なのです。
なぜなら、家だとついYouTube閲覧とか他のことをしてしまいます。
誘惑がとても多いので、いつも負けてしまいます、、。
 
なので、集中したいは外で作業をすることにしていました。
外だとなんか集中するというか、周りの目をついつい気になるので眠くなくなります。
 
そして、作業するのは大体が行きつけのカフェを日替わりで回っていました。
コーヒー好きですし、カフェも好きなので。
 
ただ、この場合お金がかかることがデメリットになるかもしれません。
家だと基本お金かかりませんからね。
 
個人的にはアウトドアな性格もあり、外でも作業は気分転換になるので好きです。
 

図書館はカフェの代わりになるのか?

私自身が試してみた結果は、作業場所としては、しっかりとカフェ代わりになっています。
図書館の性質上、人と会って話すことが目的では代わりにはなりません。
中で話していると白い目で見られちゃいます、、。笑
 
あとはお金もかからないので経済的にもおトクです。
 
工夫することでよりカフェの環境に近づけることができますよ。
 

利用する時の良い点

 
1.無料で使える
図書館を利用する上で良いところは、なんと言っても無料だということです。
 
施設の全てが基本的に無料で使い放題で、本などももちろん読み放題です。
 
最近だとCDやDVDも借りれる図書館もあるので結構使う需要はありそうです。
ちなみに貸し出し期間も本なら2週間と比較的長めに借りれます。
 
2.静かな空間
これは図書館らしいですよね。
当たり前ですが、そりゃあもう静かです。というより、騒がしいほうが目立ちまくります。
こんなに静かなスペースはカフェにはないです。
BGMとかかかってませんからね。
 
その分、作業に集中出来ます。
 
寝てる方も、たまにいらっしゃるのも図書館あるあるです。
 

気になる点

 
利用してて気になる点もあります。
 
1.持ち込み物を中で使うことに制限がある
基本的にも飲み物(一応、食べ物も)は持ち込んでも良いですが、食べるときは外へ出ないといけません。
まぁ、当たり前ですかね。
あとは飲み物も持ち込めますが蓋つきの物のみが館内でも飲めます。
 
PCは決められた指定席しか使えません。エリアで決まっていてそのエリア以外は使えないんです。
 
2.時間指定席がある
これは図書館のカードを作らないと利用できない予約席なるシステムがあるのです。
(場所によって受付方法が違う場合があります。)
素直に図書館のカード作れば良いんですけどね。笑
作らないと本も借りれないので。ただ、作るには身分証とか必要なので持ってないと作れないので注意しましょう。
 
私が行っている所はお昼の12:00〜13:00と17:00〜20:00(閉館)は自由席になるのでこの時を狙うこともたまにしています。
 
3.遅くまでやってない
都内では、閉店時間20:00〜21:00がほとんどです。
ただ中には22:00近くまで開いているツワモノのところもあります。
 
閉店時間22:00まで
葛飾区、豊島区、台東区千代田区府中市武蔵野市も一部の図書館
閉館時間21:45まで
新宿区の一部の図書館
 
夜遅くに外で作業したい場合はカフェやファミレスが無難かもしれません。
私のところは20:00までなので図書館からカフェというハシゴをよくしちゃいます。
 
では、次に図書館で快適に過ごすために私がしている方法をまとめてみました。
 

快適に過ごす方法(自己流)

 

1.図書館カードを作る

素直に作りましょう。無料なので。特に手間もなく、すぐに作れますよ。
 
作るとできること
・本を借りれる
・ネット検索できる
・本を予約できる
・予約席をつかえる
 *場所によってはWi-Fiを借りるときに必要
 
まだあるかもしれませんが、ざっと覚えてる範囲でもこのくらい利用することができます。
身分証があれば即座に発行してもらえるので便利です。
 

2.飲み物は持ち込む

 
カフェだとお金かかってしまいますが、図書館なら持ち込めば完全にタダで利用できます。
私は水筒2本に水とコーヒーを入れていつも持っていきます。
 
食べ物は持って行かないで家で食べてから行きます。
お弁当などを持ってきて、外のベンチとかで食べてる人もよく見かけます。
 

3.Wi-Fi環境は自分で用意している

PCを使うときはWi-Fi環境も大事です。
カフェのようにフリーWi-Fiがある図書館は少ないと思うかもしれませんが、実は最近ではWi-Fi環境が整っている場所も多いのです。
 
ただし階数で制限しているところや時間による予約制のところもあるので利用する時は調べてからの方が無難かもしれませんね。
 
Wi-Fi利用可能な図書館一覧>
 
ちなみに私の利用しているところはWi-Fiあるのですが、電波が微妙に遅いのでiPhoneテザリングで対応しています。
 

4.イヤホンを持っていく(音源ツールも)

 
静かな館内ですが、音楽を聴いて作業したい時もあると思います。
 
そんな時はイヤホンを持って行って聴きながら作業しちゃいましょう。
 
*ただしとても静かなので「音漏れ」には注意が必要です。

まとめ

f:id:sanrisesansan:20190912162008j:plain

 

結論は繰り返しになりますが、作業面で言えばカフェの代わりには、工夫次第では十分になり得ます。
作業に集中したい、いつもカフェで作業していて飽きてきたという方は図書館を利用してみれば気分転換になるかもしれませんね。
 
 
わたしもこれから、カフェと併合して利用していきたいと思います。