さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信や情報、メンタル/不思議系など。

20190905040954

ウルトラライトダウンの季節!2019年のラインナップとインナーダウンベストの使用例!

f:id:sanrisesansan:20191122003629j:plain

 
こんばんは、ブログ管理人さんらいずです。
 
いよいよ冬も本番になってきました。
 
各地でイルミネーションが出てきましたね。
 
今時期に毎年注目されるのがユニクロヒートテックとウルトラライトダウンです。
 
購入したいけども、色々あって迷うという方もいるのではないでしょうか。
 
今回は定番のウルトラライトダウンの2019年版のラインナップと、ウルトラライトダウンのインナーベストの使用例をいくつかご紹介します。
 
 購入をご検討の方は参考にしてみてください。
 

2019年版ウルトラライトダウンの特徴は?

 
 今年のウルトラライトダウンも例年に比べてパワーアップしています。
 
 

MEN

 
種類(2019年版)
・ベスト2種類(襟あり、2wayインナー仕様)
・ジャケット4種類(襟あり、2wayインナー仕様→オンライン限定、ワイドキルト、ボリューム)
・パーカ1種類→一部店舗商品
 
【2019年のアップデート】
<ベスト>
・2wayインナー仕様:内側に静電軽減加工生地を採用。
・襟あり:スッキリシルエットに改良。
 
<ジャケット>
・襟あり:スッキリシルエットに改良。
・2wayインナー仕様:内側に静電軽減加工生地を採用。
 
<パーカ>
 ・なし
 
 

 メンズはジャケットのラインナップが多い印象ですね。

今年も長袖の2wayインナー仕様はオンライン限定のようです。

 

WOMEN

 
種類(2019版)
・ベスト3種類(襟あり、2wayインナー仕様、ボリューム)
・ジャケット3種類(襟あり、2wayインナー仕様、コクーン
・パーカ1種類
・コート3種類(2wayインナー仕様、ロング→一部店舗商品、フーデット→一部店舗商品
 
 
【2019年のアップデート】
 
<ベスト>
・2wayインナー仕様:内側に静電気防止加工生地を採用。
 
<ジャケット>
・2wayインナー仕様:袖口に柔らかいゴムを入れ、腕をまくっても落ちにくい仕様に。
 
<パーカ>
・デザインを改良してスッキリに。
 
<コート>
・フーデッド、ロング:フードが立つように形状を調整。
 
 
レディースは新たにボリューミーなアウターが出てきました。
 
男女ともに今年はボリュームがキーワードなのでしょうか。
 

 ツイッターの反応

ウルトラライトダウンに対する世間の反応を見てみましょう。
 

 

 

 

軽くてコンパクトに折りたためるのが便利という声があります。

 

あったかいといった意見も多いので防寒性は高いようで、私も使っていますがこれを着ると着ないでは体感温度が違って感じます。

 

インナーダウンベスト(2way仕様)の使用例

 
ここからは、私が使用してきたインナーダウンベスト(2way仕様)はどんなところで使用したのかを見ていきます。
 

f:id:sanrisesansan:20191121230413j:plain

 こちらがいつも愛用しているインナーダウンベストです。
 

f:id:sanrisesansan:20191121231024j:plain

 
正式名称は「ウルトラライトダウンコンパクトベスト」といいます。 
 
去年の冬に購入したものなので、2019年版ではありません。
 
何にでも合わせられるように黒を購入しました。
 
インナーダウンベストですが基本的にどんなシーンでも役に立ちます。
 
インナーに来ても良いですし、ちょっとした部屋着にも使えます。
防寒性は小さくてもかなり高いと思いますし、畳んで収納できるので持ち運びもできて便利です。
 
今回はコーデの参考にというよりも、こんな時に使えるということをシェアしますね。
 

1.スーツのインナー

個人的によく使っていたのは、スーツスタイルのジャケットの下に来ていました。
 
スーツ着る人はわかると思いますが、基本、前を開けるか一つしかボタンを留めないので、冬場は結構寒いです。
 
さらにベストタイプなのでかさばらず、ジャケットに合せて下記のように、織り込んで使えるので便利なんです。
 

f:id:sanrisesansan:20191121232126j:plain

 

2.テラードジャケット、チェスターコート

こちらもスーツスタイルと同じように前側が薄い(語彙力がない、、。)ので、ベストを来てカバーしています。

 
結構、これらを来て外を歩くとまえが寒いのでマフラーなどを使っていたのですが、巻くのがめんどくさくなりベストで対応しています。
 
真冬はさすがにこれでは寒いですが、それ以外なら個人的にはこれで凌げます。
 

3.Gジャン、裏地のないライトアウター

 
このタイプのインナーにも使えます。
 
ライトアウターは主にマウンテンパーカやGジャンなどの裏地がないものです。
 
時にGジャンは前を閉めて着ないのでダウンベストを着ることで着る期間を伸ばせます。
 

4.サイズが小さくなってしまったミドルレンジのウールジャケット

 
私の場合ですが、最近では肩や胸板に脂肪がついてしまい(サイズアップしてしまいました)、胸周りが窮屈になりました。
 
この変化により、以前ジャストサイズで着ていたPコートとキルティングになっているステンカラージャケットのボタンが閉めてて、きつくなりました。
 
このような時にもインナーダウンベストを着て凌いでいます。
 

5.旅行先での簡易的な防寒具

旅館やホテルに泊まると、浴衣のよう着替えが置いているところもありますが、寒い時はこれの下にインナーとしてこのダウンベストを着ています。
 

f:id:sanrisesansan:20191121232558j:plain

 
 
このように折りたためてコンパクトになるので、旅行先にも手軽に持っていけます。
 
しかも個人差はあると思いますが、あまりシワなども目立たないです。
 
もちろん、軽いので上に着ても良いですよ。
 
シーン別での使用例まとめ
1<スーツのインナー>
2.<テラードジャケット、チェスターコートのインナー>
3.<Gジャン、裏地のないライトアウターのインナー>
4.<サイズが小さくなってしまったミドルレンジのウールジャケットのインナー>
5.<旅行先での簡易的な防寒具>
 
 

まとめ

 
ウルトラライトダウンベストは気軽に着れて防寒性も優れているので、一つ持っているとかなり便利だと実感しています。
 
色のバリエーションも多いのですが、迷ったら黒を選べば間違えないかなと思います。
 
これから寒くなるので、ぜひこの機会にきてみてはいががでしょうか。
 
今回は以上です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
<おすすめ関連記事はこちら>
 
 
この記事が良いと思ったら、応援のポチッ!をしていだだけると励みになります!


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村