さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信や情報、メンタル/不思議系など。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

ウルトラライトダウンのワイドキルトジャケットとボリュームジャケット、特徴と違いとは?

f:id:sanrisesansan:20200105205805p:plain

 

この記事では、最近話題になっているウルトラライトダウンの今季新作「ウルトラライトダウンワイドキルトジャケット」 と「ウルトラライトダウンボリュームジャケット」をそれぞれの特徴と従来のウルトラダウンとの違いをまとめていきます。

 

どうも、さんらいずです。

 

まだまだ寒くなっていく時期ですので、これからでも活躍できるウルトラライトダウンですが、持ち運びやインナーの適しているので、一枚持っていれば色々なシーンで使えますよ。

 

それでは2つの特徴を見ていきましょう。

 

 

ウルトラライトダウンワイドキルトジャケットの違い

f:id:sanrisesansan:20200105185403j:plain

 

特徴

・太めにキルド加工されている

・カラーがおしゃれ

・ 質感がマットでデザイン性が良い

・スリムに着れて着膨れしない

 

 

 

ウルトラライトダウンワイドキルトジャケットは、キルト(キルティング加工)を太くしたマット感のあるデザインが特徴です 。

 

値段:5990円(税別)

→オンライン公式サイトはこちら

 

生地や質感が従来とは違う?

 

 

普通のウルトラライトダウンジャケット(この記事では襟アリ)とは、キルトの太さと生地の質感が違います。

 

表地は、2種類ともナイロンですが、ワイドキルトは表面の質感が違います。

色もおしゃれな黒、ブラウン、ダークブラウンの3色です。

 

サイズはスリムに着れる印象です。

 

個人的な比較になってしまいますが、180センチ、がっちり体型(スーツだとAB型)でととLサイズがジャストサイズでした。

 

素材的にもウルトラライトダウンと同じですが、表面に加工が施されているためデザイン性が高いです。

 

カラーやデザインがおしゃれで着こなしも自在

 

  

 

 主にマット感のあるデザインと今までなかったカラーが評判のようで、使いやすく飽きがこない仕様になっています。

 

着こなしとしては、インナーにきて上にアウターを羽織る使い方や、

 

ワンサイズ大きめを購入してパーカーなどの上からアウターとして着るなどバリエーションに富んだ着こなしができます。

 

アウターしてもデザイン性が高いのでおしゃれに着れるのが良いですね。

 

ウルトラライトダウンボリュームジャケットの違い

f:id:sanrisesansan:20200105185511j:plain

 

特徴

・耐久性と撥水性をプラス

・着心地の良いボリューム

・従来モデル同様にコンパクトに折り畳める

・軽くて動くやすい

 

ウルトラライトダウンボリュームジャケットは、ボリュームに加えて、耐久性と撥水性を強化したモデルになります。

 

値段:5990円(税別)→3990円(税別)!

 

→オンライン公式サイトはこちら

 

ユニクロレディースのウルトラダウンベストもそうでしたが、今季はボリューム感のあるアイテムが多く出ている印象でした。

→今季のウルトラライトダウンの種類についてはこちら

 

このアイテムもそういったトレンドが形になったようなアイテムでしょうか。

 

従来に比べて、撥水性や着心地がアップ

 

このウルトラライトダウンボリュームジャケットは性能面での強化もされています。

 

撥水加工と着心地さがアップされており、上までジッパーを閉めるとしっかりと首回りのカバーできてるので防寒効果もあります。

 

サイズ感は少し着膨れする印象がありますね。

 

今回も個人的な比較になってしまいますが、180センチ、がっちり体型(スーツだとAB型)ですとLサイズがジャストで中にニット一枚着れるくらいの余裕がありました。

 

しかし、着込む場合はワンサイズ大きくても良いと思います。

 

アウターとしては少し使いづらい?

 

 

ナイロンのツヤ感はありますが、しっかりと伸縮性もあり、何よりとても軽いです。

 

ウルトラライトダウンとは思えないボリュームなので、完全にアウターとしての使用になりそうですね。

 

ただ、アウターとして本格的に利用するならユニクロのシームレスダウンでも良いかなと個人的には感じます。

 

値段がその分安いので、お金かけたくないという人はありだと思います。

 

しかも、この厚さで従来のモデル同様に折り畳みできるので、持ち運びも楽々。

 

海外旅行などの温度差がある場所に行く時でも活躍できそうです。

 

まとめ

 ウルトラライトダウンの今季、新しく仲間入りしたシリーズ2種類ですが、特徴がそれぞれ違いましたね。

 

使うシーンや用途によって使い分けることができそうです。

 

簡単にまとめると、

 

 

・ウルトラライトダウンワイドキルトジャケット

→インナー、アウターどちらでも活躍、デザイン性重視。

 

・ウルトラライトダウンボリュームジャケット

→アウター使いに適している、撥水性や着心地よい。

 

このような感じでしょうか。

 

従来の保温性、持ち運びのしやすさはそのままなので、レジャーや旅行などでも活躍できるのも嬉しいところですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

下の記事では2019年秋冬版のウルトラライトダウンの種類をレディース、メンズそれぞれ紹介していますので参考にしてみて下さい。

 

 

 

この記事が良いと思ったらポチッ!をしていだだけると励みになります!

 

  

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村