さんログ

色々と発信する雑記ブログ。食レポ、おすすめ発信や情報、メンタル/不思議系など。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

【ワークマンイージス】ディアライト防水防寒ブルゾン購入レビュー

f:id:sanrisesansan:20201124220436j:plain

「リーズナブルでもしっかりと防水、防寒機能のあるアウターが欲しい!」

そんなアイテムをお探しの人にワークマンから発売されている高機能アウターがおすすめです。

今回は、ワークマンイージスの「ディアライト防水防寒ブルゾン」を購入・実用レビューしていきます。

このアイテムを一言でいえば、防水・保温性に優れ、タウンユースでもおしゃれなコスパ抜群ブルゾンになります。

この記事で、実際のサイズ感や着た時のイメージや実用して分かったデメリットを知ってもらえれば幸いです。

 


スポンサードリンク
 

「ディアライト防水防寒ブルゾン」商品詳細

f:id:sanrisesansan:20201124201213j:plain

カラー:ネイビー

ディアライト防水防寒ブルゾン

★横にスクロールできます(スマホのみ)

商品名
DIALIGHT(ディアライト)防水防寒ブルゾン
値段
4,900円(税込み)
カラー
ベージュ
ブラック
ブラウン
オレンジ
カーキ
ネイビー
サイズ
S~3L
素材
表・裏:ポリエステル100%
中綿:ポリエステル100%
対象
男女兼用
 
ワークマン「AEGIS(イージス)」から発売されている防寒・防水ブルゾンです。

「AEGIS(イージス)」はバイカーやアウトドア向けに防水、機能性にこだわったアイテム展開が魅力のワークマンを代表するブランドです。

「ディアライト防水防寒ブルゾン」はその中でもタウンワークにしっかり活躍するデザイン性があり、高機能とデザイン性を兼ね備えたアイテムになっています。

主な機能は下記の通りです。

・防水機能

・耐久撥水

・防風

・大容量ファスナー

・反射プリント

それでは詳しくみていきます。

耐水圧10,000mmで、雨に強い

f:id:sanrisesansan:20201124203021j:plain

「ディアライト防水防寒ブルゾン」の耐水圧は10,000mmです。

なので、街中などの大雨程度なら耐えることができます。

実際にシャワーをかけて検証してみました。

 こんな感じで、勢いよく水がかかっても撥水機能が効いています。

f:id:sanrisesansan:20201126192228j:plain

このビショ濡れの状態で試着してみましたが、内側まで水は浸透していませんでした。

ちなみに耐水圧のイメージは下記の通りです。

・300mm→小雨に耐える

・2,000mm→中雨に耐える

・10,000mm→大雨に耐える

・20,000mm→嵐に耐える

比較までに、傘の耐水圧は250mm程度と言われています。

さらに撥水機能も備わっているので、水自体を弾くことでより、雨などに強くなるんですね。

手首周りとウエスト部分には、ゴムが仕込まれているので、

f:id:sanrisesansan:20201124201707j:plain

本格的な雨などでも高い防水機能を発揮します。

防風と中綿で保温性も高い

f:id:sanrisesansan:20201124202459j:plain

中綿が入っているので、保温性も高いです。

防水+防寒性も申し分ないので、一枚持っていればいろんなシーンに活躍出来そうですよね。

フルジップで首元もあったかい

f:id:sanrisesansan:20201124202310j:plain

フルジップで首元をカバーすることのできるので、防風対策もしっかりされています。

まさにマフラー要らずな感じで、首元にこれがあるとないでは体感的な暖かさが全然違いますよね。

タウンユースでも使えるデザインの良さ

f:id:sanrisesansan:20201124202209j:plain

ここまで高機能なのに、トレンド感のあるデザインなのも魅力なんです。

小洒落感のあるラグランショルダー

f:id:sanrisesansan:20201124202524j:plain

肩のラグランショルダーは切り替えがなく肩の位置が決まっていないので、肩周りが動かしやすいのが特徴です。

さらに、ゆるシルエットにも見せてくれます。

f:id:sanrisesansan:20201124202609j:plain

身長181cm、LLサイズ

同時にカラーも切り替えで2トーンなのもオシャレですよね。

大きめのフードで形も◎

f:id:sanrisesansan:20201124202713j:plain

大きめのフードは雨などの防水機能の一環なのでしょうが、デザイン的に見てもシルエットがキレイに見えます。

f:id:sanrisesansan:20201124202805j:plain

首周りがフワッとボリューム出るのもなんかよさげなんです。

背中の丈が長いので、しゃがんでも背中をガード

f:id:sanrisesansan:20201124202901j:plain

後ろと背中部分の丈が前よりも若干長くなっています。

これはしゃがんだ時に背中が見えないためで、ワークマンのTシャツなんたにも同じ機能が付いてますね。

防寒ブルゾンにもこの機能があり、アクティブに動く時にもしっかりと保温性を維持できます。

収納力やその他も多機能!

f:id:sanrisesansan:20201124210815j:plain

「ディアライト防水防寒ブルゾン」はレインブルゾンながらも高い収納力や機能性を発揮します。

大容量のポケットが3つ

両脇には、大容量ファスナーポケットがあります。

f:id:sanrisesansan:20201124210748j:plain

500㎜ペットボトルくらいなら余裕で収納することができます。

さらに裏側の左胸にもポケットがあり、

f:id:sanrisesansan:20201124211131j:plain

このポケットは大きさ的にスマホ入れに最適です。

反射プリントが付いている

f:id:sanrisesansan:20201126192224j:plain

右袖と左腹部に反射プリントが施されています。車のライトで反射するので夜道を歩く際に重宝するギミックと言えますね。

4900円で買えるコスパの良さ!

f:id:sanrisesansan:20201124201407j:plain

この「ディアライト防水防寒ブルゾン」なんと4900円で購入できます。

機能性などを合わせてもアウトドアの有名ブランドでは数万円はするんじゃないかなぁ。

個人的にアウターは消耗品なので、ガンガン使えて頑丈で安いならこれに越したことないんですよね。

生地も機能も普通に良いのにこの値段なのはワークマンらしいです。

デメリットも上げていく

デメリットも一緒に見ていきましょう。来てみて感じたのはこの2つです。

・透湿度はそこまで高くない?

・埃(ほこり)がつきやすい

それぞれ見ていきます。

透湿度はそこまで高くない?

レインウェアなどでは重要なウエイトを占める透湿度は3,000gとそこまで高くないということです。

透湿度とは、衣服内の蒸気状態の汗を外側に出す度合いです。

簡単にいうと、透湿度が高いものほどムレにくいということ。

蒸れにくい目安として透湿度5,000g以上が一般的とされています。

「ディアライト防水防寒ブルゾン」はそれに達していないということ。

でも、体感では普段使いで着ている分には全く気にならないですね。

ほこりがつきやすい

もう一つ思ったのは、少しほこりがつきやすい素材なのかなと思います。

ちょっと外に作業しにいってカゴにブルゾンを置いていった時には、

f:id:sanrisesansan:20201126184938j:plain

こんな感じで袖らへんに埃が付いちゃいました。切り替えで胴回りが黒カラーなのも埃などが目立つ印象です。

まぁこんな感じで、

f:id:sanrisesansan:20201126185235g:plain

100均のコロコロで全然きれいに取れちゃいます。笑

まとめ

まとめると、

・防水、透湿性に優れている

・保温性も高い

・タウンユースでもおしゃれ

・4900円とコスパ抜群

・埃がつきやすい付きやすい素材

このようになります。

使った感想からいうと、保温性はもちろん着心地も良く、タウンユースでもおしゃれに着れる1枚です。

冬の季節に重宝しそうなのでガンガン着ようと思います。

★下から「ディアライト防水防寒ブルゾン」を調べられます。

近くのワークマン店舗を調べる→こちらからできます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

★他のワークマン購入レビュー

合わせて読みたい

www.sunrise033.com

 

★ワークマンオンラインの使い方はこちら

関連記事

www.sunrise033.com

 

この記事が良いと思ったら、ポチっ!してくれると嬉しいです!

 ブログ村ランキング」参加中!

PVアクセスランキング にほんブログ村